LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

会社帰りもスッキリ脚をキープ!?ちょい足し食材2つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

いつの季節も女性を悩ませる“むくみ”。寒い季節は、手足などの末梢部の血液の流れが悪くなりやすく、冷えとむくみが同時に起こる方も多いのではないでしょうか。末梢部の冷えとむくみが気になる方は、「なま生姜」と「シナモン」を取り入れてみましょう!

20170207iwata00

■手足の冷えには「なま生姜」

冷えとり食材の代表選手ともいえる「生姜」。生姜は、なまで摂った場合と、加熱・乾燥した生姜パウダーで摂った場合では、効能が異なる食材です。なまの生姜に多く含まれる辛味成分ジンゲロールは、血管を拡張させて血液の流れをスムーズにする働きがあります。血液には、細胞に酸素と栄養を運ぶほか、熱を運ぶという役割もありますから、ジンゲロールによって血液の流れがスムーズになることで、手足などの末梢部の冷えの改善が期待できます。

「なま生姜」の摂り方

手足の冷えが気になる方は、すりおろした生姜を紅茶やお味噌汁に入れたり、なま生姜とハチミツをお湯で割って飲んだりするといいでしょう。


■むくみ対策には「シナモン」

むくみは、本来静脈やリンパ管に戻って排出されるべき細胞間液が、なんらかの理由で滞ってしまった状態です。寒い季節、身体は体温を逃さないように毛細血管を収縮させるため、手足などの末梢部がむくみやすい状態にあります。さらに、毛細血管が弱っていると血液の流れそのものが滞り、むくみやすくなります。シナモンには、毛細血管を丈夫にして血液の流れをスムーズにする働きのあることがわかっています。また東洋医学において、シナモンは水分代謝を整える働きがあるとされていますから、むくみ対策におすすめです。

「シナモン」の摂り方

1日0.6g程度のシナモンで効果が期待できるそうですから、コーヒーや紅茶にひとつまみのシナモンを習慣にしてみましょう!


冷えやむくみが気になる方は、毎日の食生活に「なま生姜」と「シナモン」をプラスしてみてはいかがでしょうか。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【あわせて読みたい】
末端冷え性はシナモンで解決!?朝シナモンで巡りのよい身体に
朝は乾・夜は生!生姜は使い分けて冷え取り対策を

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物
アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密
手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ
美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方
アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
成分情報 ジンゲロール – わかさ生活
成分情報 シナモン – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング