LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

化粧品成分のプロが解説!乳液とクリーム、どちらを選ぶ?

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

乾燥がピークとなるこの季節。乳液とクリーム、自分にはどちらが合っているのだろう。そもそも何が違うのかしら。両方使うと保湿力は上がるの? ……そんな疑問を抱いたことはありませんか? 
今回はおすすめアイテムも添えて、化粧品成分スペシャリストの筆者が解説いたします。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■乳液とクリームの違いとは

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

異なるのは『油分・水分の配合量』です。どちらも化粧水で補った潤いをキープ、肌を保護する役割は同じ。

乳液は水分が多いためさらりとしたテクスチャーが多いです。なじみやすく肌を柔らかくする効果が期待できます。一方、クリームは油分が多いためこっくりとしたテクスチャーが多め。ゆっくりとなじんでいきバリア機能を高めます。


◼︎選び方

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

『肌状態』を第一に、使用する時間帯やご自身の好みも大切にして選びましょう。

ごわつきが気になる、ニキビが出来やすい、べたつきが苦手な方は乳液を。乾燥しやすい、肌がうすく敏感、リッチな使用感が好きな方はクリームを。

”化粧崩れの原因になりにくい乳液は朝用” ”夜はその日の疲れをクリームで集中ケア” など使い分けることもオススメします。


◼︎併用したほうがいいの?

十分な保湿力を感じている方は、必ずしも合わせて使う必要はありません。

どちらかだけでは乾燥するという方は乳液を先に塗り、乾燥しやすい目元・頬・口回りなどにクリームを重ねづけしてみて下さい。単品使いよりも保湿力がUPしますよ。


■プチプラ優秀保湿ケア

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

[左]オーガニック保湿乳液 150ml/無印良品 ¥1,800(税込)

8種のオーガニック植物エキスや美肌成分のアロエベラ液汁配合。爽やかなハーブ系のエッセンシャルオイルの香りが楽しめます。

[右]なめらか本舗 クリーム NA/SANA(サナ) ¥1,026(税込)

豆乳発酵液(イソフラボン含む)、ダイズ種子エキス、植物性コラーゲン(ダイズタンパク)配合。弾力のあるふっくらもち肌にしてくれます。


乳液とクリームの違いが分かりましたか? ご自身に合ったスキンケア選びにぜひお役立てください。

※価格は全て編集部調べ


(化粧品成分スペシャリスト・松倉 明日香)

【あわせて読みたい】
洗練された女性に。眉メイクで垢抜ける方法
美容賢者はやってない!「むしろ悪影響を与える」シートパックの勘違い使用法4つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
肌が敏感かな?と感じた時に◎頼れるスキンケアアイテム4選
全身つるつるに!日本酒風呂の方法とおすすめ入浴剤3つ
ツヤ肌キープの救世主!冬におすすめ厳選ボディオイル3つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガ3選
どこでもできちゃう表情筋トレ!-5歳の「頬のたるみ上げ」顔ヨガ
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!

【参考】
オーガニック保湿乳液 150ml – 無印良品
豆乳イソフラボン クリームNA – なめらか本舗

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら