LBR LIFE&BEAUTY REPORT

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン LBR

洗練された女性に。眉メイクで垢抜ける方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

メイクの中でもひときわ難しい箇所といえば「眉」。正直苦手……という方も多いのではないでしょうか。筆者自身も美容部員になる以前は何が正解かもよくわからず、ただなんとなく描いているだけでした。でも眉は印象を大きく変える部分。ポイントを抑えると一気に垢抜け、まるでプロのような仕上がりになるんです! 今回はそのポイントを3つご紹介いたします。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ポイント1. 自分に合ったアイテム選び

「ペンシル・パウダー・リキッド・眉マスカラ」の4種類から選びます。ふんわり柔らかい眉に仕上げたい場合はパウダー、しっかりめに描きたい場合はペンシル、眉が消えてしまいやすい部分にはリキッド、毛色を変えたいときには眉マスカラを使用しましょう。いくつか併用して部分別に整えるのもオススメです。


■ポイント2.  濃淡をつける

眉全体を同じトーンで仕上げてしまうと、のっぺりとした印象になってしまいます。眉山~眉尻にかけては濃くしても大丈夫な部分ですので、「眉頭<眉山<眉尻」の順に濃くなるグラデーションを意識すると自然な仕上がりに。


■ポイント3.  眉尻の角度

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

眉尻の角度は、美しい眉をつくるときに非常に重要なポイント! なりたいイメージによって変えるところでもありますが、基本的には”目尻と平行”になるよう意識すると自分の目にあった眉になります。横顔も美しく見せてくれますよ。


いかがでしたか? 印象を大きく左右する眉のメイク。ぜひ参考にしてみて下さいね。


(美容ライター・松倉 明日香)

【あわせて読みたい】
キリッとキマる!リピートしたくなる眉アイテム3選
絶対に崩れない!美容ライター溺愛の最強下地6選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
女度高めの煌めく目元で存在感アップ!最旬アイシャドウ3選
伝説モテメイク・アラフォー流〜アイメイク編〜
下地も部分使いがベスト!肌悩み別おすすめ化粧下地3選
30代・40代におすすめ「ツヤ肌下地&ハイライト」まとめ
毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選
放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング