LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

見つけたら即ケアしよう!乾燥小ジワの正しいケア

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

アラサーになると気になってくる「小ジワ」。紫外線の浴び方や骨格や筋肉の動かし方・表情によって発生する数や場所に個人差が出ますが、ごく薄い小ジワは乾燥によるものがほとんどで、肌の水分が奪われることで表面が乾き、細かく割れて亀裂となってしまっている状態です。この状態を放置すると、後に亀裂の深い本格的なシワへと変わっていきます。
小ジワ対策は、「見つけたらその日からすぐにケアすること」が大切です。今回はそんな小ジワの正しいケア方法をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■加湿器&乳液は必須アイテム

冬は空気が乾燥し、肌の水分も失われがち。暖房でも空気が乾燥してしまうので、室内では加湿器などを使い湿度を保つことが大切です。

「脂性だから乳液はつけない」という意見もありますが、乳液は補給した水分の蒸発を防ぐ蓋の役割もあります。水分を補給して蓋をしないでいると、摂取した水分が蒸発する際、一部体内の水分も一緒に蒸発してしまいますので、必ず蓋をするように心がけましょう。


■オフィスではこまめな保湿を

シワを防ぐには、「紫外線対策」や「乾燥予防」をすることが効果的です。

オフィスなどの室内は乾燥しすぎているので、化粧水スプレーなどを使用してこまめに保湿し、肌に潤いを保つように心がけることが大切です。


■アラサーになったら洗顔料にこだわりを持とう

毎日のケアで使用する洗顔。刺激の強いものやティーン向けのものでは皮脂を取りすぎてしまい乾燥につながる恐れも。
アラサーからのケアは潤いを意識した洗顔料を選ぶことオススメします。


■デリケートな目元は専用クリームがオススメ!

皮膚が薄くデリケートな目元は特に乾燥しやすいところです。他の部分と同じケアだけでは、どうしても乾燥しがち。

専用のアイクリームやアイジェルを使用することで、より効果的な保湿をすることができます。

またアイクリームには肌のハリなどを保つための成分や、くすみやクマに有効的な成分が豊富にふくまれているので、自分の症状を見極めて選ぶことで、より効果的にトラブルを改善することができます。


乾燥しやすいこの季節は、他の季節より特に注意が必要です。また小じわができる前、初期の段階など早め早めに対応することで、簡単なケアで対処することができます。早めにケアをして、40代・50代になっても美しい肌を保てるようにしましょう。


(フリーヘアメイクアップアーティスト・中花 絵里香)

【あわせて読みたい】
毎日90秒で小顔をGET!モテ顔になれるマッサージ法
たるみケアは早めに!本気のプレエイジングケアアイテム3選

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
肌が敏感かな?と感じた時に◎頼れるスキンケアアイテム4選
全身つるつるに!日本酒風呂の方法とおすすめ入浴剤3つ
ツヤ肌キープの救世主!冬におすすめ厳選ボディオイル3つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガ3選
どこでもできちゃう表情筋トレ!-5歳の「頬のたるみ上げ」顔ヨガ
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング