LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

毎日少しのお味噌をとるだけで「シミ」を予防する!?

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

日本人にとってソウルフードのひとつといえば「お味噌汁」。寒い冬はお味噌汁をひと口飲むだけで身体の中からあたたまり気分も安らぐ感じがしますよね。残り野菜やお肉、お魚などどんな食材も味噌汁に入れると美味しくなり、冷蔵庫の整理にもピッタリ。今回はそんな美味しいお味噌汁の美肌効果についてご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

●美味しいお味噌の選び方

今や味噌は日本の一般的な発酵調味料のひとつですが、昔は貴族階級の人たちだけが珍味や薬として食べていた高級食材だったんです。
お味噌の原材料は「大豆」「麹」「塩」の3つ。大量生産されているお味噌には添加物や保存料が入っているものが多いので、美味しくて質の良いお味噌を選ぶなら、この3つの原材料のみで作られているかどうかをチェックしましょう。

味噌はご家庭でも意外と簡単に作れます。特に気温の低い冬は雑菌の繁殖リスクが低く、発酵が緩やかに進むため味噌作りにピッタリ! 私も友人や料理教室の生徒さんたちと近年は毎年味噌作りを楽しんでいます。手作り味噌の美味しさは格別です。


●温かいお味噌汁で内臓からポカポカに

温かいお味噌汁は、内臓から身体をポカポカと温めてくれます。内臓が温まることは新陳代謝の促進やデトックスにつながります。
寒い冬は血流が滞りやすく新陳代謝も低下しがち。お肌の新陳代謝の低下は、シミのもとであるメラニン色素を増やす原因になってしまいます。身体を温め新陳代謝を促進することは、冷え予防だけではなく美肌作りにも欠かせないのです。


●お味噌はシミ予防の強い味方

お味噌には必須脂肪酸のひとつである「遊離リノール酸」という栄養素が豊富に含まれています。これはメラニンのもとである「酵素チロシナーゼ」を分解して、メラニンの合成を抑えてシミを防ぐ働きが期待されています。このため、味噌職人さんの手は透き通るように白くてすべすべなんだそうですよ。


●お味噌の「酵素」を上手にとるには?

またお味噌には腸内環境を整える「酵素」も豊富に含まれています。酵素は発酵食品全般に多く含まれています。ただし酵素は加熱に弱く、48度で死滅しはじめるといわれています。
酵素を無駄なくとりいれたい場合は、野菜スティックにお味噌をつけて食べるなど、お味噌を「生」の状態で食べるのがおススメ。「お味噌汁で酵素もとりたい!」という欲張りさんは、具材にしっかり火が通ったのを確認してから火を止め、48℃以下になったのを確認してからお味噌を溶き入れると良いでしょう。


毎日少しのお味噌を摂取して、シミのない美しいお肌を作りましょう!


(インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

    【あわせて読みたい】
    日本のスーパーフード!1日2杯のお味噌汁でシミ対策!?
    美容賢者はやってない!「むしろ悪影響を与える」シートパックの勘違い使用法4つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物
    アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密
    手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ
    美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

    【参考】
    伊達 友美 著(2010年)「食べる美女肌セラピー 体の中からキレイになる」(エクスナレッジ)
    舘 博 監修(2015年)「図解でよくわかる発酵のきほん」(誠文堂新光社)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    Most Popularランキング