LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

ネイリストが教える!ガザガザかかとの角質ケア方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

サンダルを履く時期にならないと、なかなか気づきにくい足の裏のトラブル。気がついたらかかとが乾燥してガサガサになっていることも。そこまで目立つ場所ではないので、ケアをおざなりにしがちな人も多いのではないでしょうか。

足の裏のお手入れしてる?ネイリストが教える正解ケア

自分では気にならない部位でも、意外と後ろ姿は人に見られているもの。ふと足元を見て、かかとがガサガサになっていては、彼もゲンナリするかも。細かいところにもケアが行き届いていて全身キレイ、そんな女性を目指しませんか? 

そこで今回は、ネイリストの本間美由紀さんに、足裏トラブルを引き起こす原因や足の裏のお手入れ方法をご紹介していきます。

足裏トラブルを招く原因とは

ストッキングを履く女性

ストッキングやタイツを履くときに、足裏のガサガサが引っかかったり、硬くなったかかとを見る度に、気分が落ち込むもの。その状態でケアを怠り、放っておくと悪化することもあります。

でも実際のところ、足裏のケアってどうやったらいいのかよく分からないし、冬場ならサンダルなどを履くこともないので見えないからケアしなくてもいいや! と放置したままの人もいるかと思います。

しかし、そのまま放っておいたり、間違ったままのケアを続けてしまうと、ヒビが割れたり痛みが出て歩くのが辛くなったり、と大変なことになってしまうほか、そこから水虫や雑菌が繁殖し、ニオイやかゆみの原因になることもあるのです。

かかとのガサガサの原因「角化症」とは

足の裏の中でも、特に気になるかかとのガサガサは「角化症」といわれています。角化症は皮膚の一番外側の角質が厚く硬くなり、乾燥してカサカサになった状態を指します。

この「角化症」の原因は、大きく分類すると「乾燥」と「外部刺激」と「古い角質の蓄積」があげられます。

女性の脚

もともとかかとには皮脂腺がないため、油分が不足してしまい、乾燥しやすい場所といわれています。

さらに、歩くことによってかかとに体重がかかり、圧力や摩擦などの刺激を受け、皮膚の内部を守ろうとして角質が厚くなり、そこが乾燥してしまいガサガサのかかとを引き起こします。

なお、歩き方や姿勢が悪い人も、足のどこかに負担がかかっていることになるので、そこから角質が厚くなることもあります。

また、ストレスや加齢による肌の再生能力の衰えも、古い角質が蓄積されて角質の厚みにつながるといわれています。

がさがさ足裏を作る3つの生活習慣

(1)乾燥

昨今の冷暖房器具はとても優れています。とはいっても、エアコンのつけすぎは身体全体に悪影響を及ぼすことも。

エアコンに当たりすぎるとお肌の乾燥を招きますが、それは足にも影響しています。水分が奪われてしまうので、乾燥の大きな原因に。

冬場はコタツに床暖房といった暖房器具を使用するかと思いますが、こちらも使いすぎてしまうと乾燥を招きます。

暖かいからといって、家の中で靴下を履かない、素足でいることはありませんか。こちらも直で熱を受けるので、乾燥の原因になることも。
足の乾燥を防ぐために、一年中お家の中でも靴下やスリッパはマストです。

(2)外部刺激

立っているだけで全体重がかかる足のかかとは、ほぼ1日中負担がかかっており、刺激を受けています。
また、歩くために毎日履いている靴の形やサイズが合ってないと、靴の中でギュッと足の裏が圧迫されて負担がかかります。

ハイヒールを履く女性

ヒールのある靴やサンダルなども、足のガサガサを引き起こす原因になっていることがあります。また、素足で紫外線を浴びることもかかとが硬くなる原因のひとつです。

(3)古い角質の蓄積

角質症の原因は主に上のふたつですが、もうひとつ気をつけたいのが、放っておいた古い角質の蓄積です。

ストレスや加齢、疲れによるホルモンバランスの乱れがターンオーバーの乱れを引き起こし、さらに肌の再生能力が衰えると角質が剥がれ落ちなくなり、そのまま古い角質が蓄積される悪循環に陥ります。

わずか3STEP!お家で簡単にできる足裏ケア

女性の足

※お風呂上がりなどの足を清潔にした後や就寝前のリラックスした時に行いましょう。

STEP1

清潔な状態の足裏にオイルかローションを塗ります。この時、足裏マッサージをしながら塗り込めば、血行も良くなり気持ちも良くなるので一石二鳥。

STEP2

大きめのコットンにしっとりタイプの化粧水か乳液状のローションをたっぷりと染み込ませたものを乾燥の気になる部分に貼り付けてラップを巻きます。
そのままの状態で靴下を履き、時間をおきましょう。

STEP3

ラップを外したら、肌表面に残った化粧水、またはローションをすり込みます。水分が物足りないと感じたら、さらに保湿しましょう。靴下を履くこともわすれずに。

乾燥が強くてクリームでは物足りない方は、ボディバターなどの保湿力の高いものを使用するのもオススメです。

セルフで行う正しい角質の削り方

きれいな足

かかとのガサガサを改善・除去したい! と思った時に、一番に思い浮かぶのは「削るケア」ではないでしょうか。

しかしやり方を間違えたり、やりすぎたりするとむしろ状態を悪化させてしまう恐れもあります。正しい削るケアでツルツルかかとを目指しましょう。

(1)足の裏の皮膚をあたためる

まずは足の裏の皮膚を温めます。フットバスでも湯船でもいいのですが、皮膚がふやけるほど温めてしまうと削りやすくなってしまい、余分な角質だけでなく、さらに深い部分の皮膚まで削ってしまう恐れがありますので、あくまで温める程度にしましょう。

(2)かかとの角質を削っていく

皮膚を温めてしっかりと水分を取ったら、かかとを削っていきましょう。力を入れすぎず、ヤスリを一定方向に動かすようにします。

ヤスリを往復して使うと、角質層を痛めてしまいますので、決して削りすぎず、7割程度出来たと思ったらそこでやめましょう。

触ってみて、削る前よりも皮膚が柔らかくなっていればOKです。

毎日やることではなく、慣れていない人のほうが多いかと思いますので、あまりにもかかとの皮膚が硬くて厚い人や、ひび割れなどで困っている人は、無理せず専門家にお任せすることをおすすめいたします。

角質を削る際に注意したい点

かかとを削るケアの頻度は、それぞれ状態にもよりますが、状態がひどい場合(硬い、厚い、ひび割れガサガサ)でも週に1度くらいの頻度でおこないましょう。

慣れてきたら2週間に1度、3週間に1度と少しずつ頻度を減らしながら、様子を見てケアしていきましょう。

いまいち削れているかパッと見では分からないかと思いますが、削り過ぎには十分注意してください。
削りすぎてしまうと、肌が刺激を受けてしまい、角質をさらに厚くしてしまったり、皮膚を傷つけてしまうと歩行にも支障が出る場合があります。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

角質を削った後のかかとは、皮膚が柔らかくなり、ローションやクリームが断然入りやすくなります。

しかし反対にいえば、皮膚が薄くなりバリア機能が低下していますので、かなり乾燥しやすい状態でもあります。上記で紹介した【わずか3STEP!お家で簡単にできる足裏ケア】を参考に、しっかり保湿をしてあげましょう。

そして、キレイになったからといってケアを怠らないようにすることも大切です。日頃のお手入れも継続して行うことが、美足裏をつくる秘訣です。

いくらケアしてもダメ…それって水虫かも

いくらケアをしてもなかなかキレイにならなかったり、ガサガサが取れなかったりする場合は、水虫にかかっている可能性があります。

かゆみが生じないものも多いようなので、あまり気付かないケースもあるそうです。心当たりのある方や気になる方は、専門機関に相談しましょう。

ネイリストに聞いた!おすすめフットケアグッズ

BF80 ビューティーフット (ベージュ)/ピーシャイン

900円(税抜)

BF80 ビューティーフット (ベージュ)

プロも愛用している、角質を削ってくれる優れものです。お風呂などで温めて、水気を拭きとってから一定方向に動かして肌の様子をみながら試しましょう。

特に硬くなった角質には粗めな面を、皮膚の薄いところは細かい面を使用するなど、用途に応じて使い分けられます。

よく削れるからといってやりすぎは禁物です。そして角質除去した後は、必ず保湿を行なってくださいね。

ラリシャス ハンドクリーム 「シュガーキス」 /ラリシャス

85g 2,750円(税抜)

ラリシャス ハンドクリーム 「シュガーキス」

チューブタイプで使いやすく、マンゴーシードバター配合でしっとり。高保湿でシルキーなお肌に。

質感は軽くてベタつきがなく、すばやく浸透します。ハンドにもフットにも使えるので、お風呂上がりのマッサージクリームとしてもいいですし、バッグに入れて持ち運んで、どこでもつけられる手軽さがいいですね。

香りがほのかに続いてくれるから、体温の高いところに少しつけて香水代わりにしても◎! 
香りは6種類展開なので、お気に入りの香りを見つけてみて!

EORA EGF フットパック/TAT

360円(税抜)

EORA EGF フットパック

“肌の再生成分”と呼ばれるEGFが配合されているスペシャルなフットマスクです。女性の足にフィットするように設計されています。

香りは3種から選べ、優雅で女性的なローズの香り、リラックス&リフレッシュに効果的な柑橘系のベルガモットの香り、癒しを与えて快眠を誘うラベンダーの香りがあります。パッケージを開けた瞬間、ふわっと贅沢な香りが空間に広がります。

シートを使用したあと、さらにマッサージすることで、しっかりとした潤いと弾力を与え、さらにはツヤのある若々しい美肌へ導いてくれます。

フットグルーマー グラン/サンパック

8,315円(税抜)

フットグルーマー グラン

これひとつで血行促進、角質ケア、リラクゼーション効果の三役を叶えます。

スクラブコートの先端で、かかと、足指、足裏の側面をマッサージしながら血行を促進し、余分な角質もしっかりケアしてかかとのカサカサを改善します

使用を4週間続けたら、血行促進されたおかげで、ひざ下の体温が上昇したというデータもあります。

使い方は、よく濡らしたグルーマーに石鹸やあわ立てたボディーソープをつけて足を置いて前後に動かすだけ。
使ったあとはお風呂場の壁にかけて乾かせば衛生的です。

日常生活の中でできる足裏ケア対策

靴に対して心がける事

毎日の歩行や生活刺激による負担を少しでも減らすためにも、靴選びは慎重にしましょう。

サイズのあっていない靴や硬い靴を無理して履くと、衝撃や摩擦が起こり、刺激が生じてしまいます。

柔らかいクッション性のある靴を選んだり、自分に合った最適なインソールを敷いたりして、足にかかる刺激を軽減しましょう。

ヒールの靴には滑り止めを使用したり、裏底用のシートを専門店で貼ってもらうなどすると、足の衝撃も少なくなり歩きやすくなります。

パンプスを履く女性

常に足を清潔に保つことも重要です。同じ靴を連続して履かない、汗をかいたら殺菌スプレーをしてから風通しのいいところで靴を干す、などしましょう。
大切な靴も長持ちして、足の負担も減るので一石二鳥です!

バスタイムに習慣づける事

入浴時にヤスリや軽石を使ってケアをしなくても、日頃の体を洗う行為がしっかりとできていれば、角質の蓄積予防にもなります。

立ったままシャワーを浴びている人は、身体を洗うことをささっと済ませてしまっていませんか。椅子に座ることで、足裏や足の指の間もしっかりと洗うことができます。

入浴する女性

体を洗っているものと同様、ボディタオルやブラシで洗うだけで十分です。そうするだけでもかなり清潔になり、角質が蓄積する予防にもなるはずです。

さらにマッサージしながら洗えば、血行も良くなりぽかぽかボディに。お風呂から上がった後のタオルやバスマットも清潔にしておくことを心がけましょう。

冷えに対しての意識

角質を溜めやすくする悪循環のひとつとして、体をなるべく冷やさないようにすることも大事なことです。

冷えて血流が滞ると、肌のターンオーバーが乱れたりすることもあります。血行を良くするためにバランスのとれた食事選びを心がけたり、保湿ケアをしながらマッサージなどもするとよいでしょう。

おすすめの血行促進マッサージ

握りこぶしを作り、足裏を痛気持ちいいぐらいの力で流すように押していき、ふくらはぎを下から上に向かって流します。

さらに、くるぶしを大きく左右にそれぞれゆっくり5回ほど回してみたり、足指を引っ張りながらグルグル回すのも、リンパの流れがよくなり血行促進効果に繋がります。

素足は禁物!家でも靴下を履こう

室内であっても、裸足で歩くのは避けましょう。冬の間の床暖房での素足もそうですが、夏も通気性のよい靴下を履くことをおすすめします。履くだけでかかとを乾燥から守り、外部刺激を減らすことができますよ。また、冷え対策にもなります。

女性の足元

家用の靴下や絹靴下など種類が豊富ですので、選ぶのも楽しくなりそうですね。
ルームシューズやスリッパもマストです。とにかく裸足で生活しないことを心がけましょう。

爪の形も気をつけよう

今回お話を伺ったネイリストの本間さんは、足の爪の形も指摘されていました。

深爪をしすぎないこと。形はスクエアオフで、裏から見て爪と指先の皮膚が同じくらいに見える高さで揃えるのが良いそうです。
鋭い角をヤスリでオフしたら、スクエアオフの形になりますよ。

爪が短すぎると、サイドから細菌が入ったり、痛くて歩き方がおかしくなったりするそうなので、外部刺激の原因にも繋がるのだとか。

また、春夏は足のトラブルを治すのに絶好な季節だそうです。ストッキングやタイツ、ブーツから解放されますので、巻き爪やかかとの角質除去にも適しているとのことです。

まとめ

足の裏って意外と奥が深いもの。たしかに毎日全体重を支えてくれている両足には感謝しなくちゃいけませんね。

日々のスキンケアやバスタイムに、足裏・フットケアもいれてみてはいかがでしょうか。しっかりケアをして、サンダルの季節だけでなく一年中キレイな脚をキープしましょう。

※価格は全て編集部調べ

【取材協力】

恵比寿 プライベートネイルサロン&スクールPourVous☆ongles(プールヴーオングル) – 本間 美由紀さん

ライタープロフィール

プライベートサロン STARLIER ヘアメイク・藤田裕美

美容師/ヘア&メイク。都内サロンを経てフリーに。2014年4月、恵比寿にヘア、マツエク、メイク教室、スタジオ等のプライベートアトリエをオープン。アトリエをベースに講師、撮影、ライターとして活躍。

【保有資格】

美容師免許保持

【あわせて読みたい】
▽乾燥肌におすすめのアイテムはこちらでチェック
乾燥肌ケアに!リピート買いしたくなる、優秀オーガニックコスメ4選
超・乾燥シーズンにおすすめ◎うるおい肌をキープするアイテム5選
【30代おすすめ】乾燥知らずの肌になる、最新鋭のエイジングケア美容液3選
【#美金 vol.57】乾燥肌やくすみ肌に!ちょっとリッチなシートマスク

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
お風呂場持ち込みはNG!?「オイル美容」のNG習慣4つ
ご利益期待で気分高まる!プチブーム中の「浄化コスメ」3選
突然のゆらぎ肌に。集中ケアする秋の新発売「美容液」4選
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

【参考】
夏に足裏を酷使した方必見!ガサガサかかとの原因と自宅ケア – サンパック
女性の3人に1人が「水虫」に!? – ロート製薬
BF80 ビューティーフット(ベージュ) – ピーシャイン
ラリシャス ハンドクリーム 「シュガーキス」 – ラリシャス
EORA EGF フットパック – TAT
フットグルーマー グラン – サンパック

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら