LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

ダイエットしながらバストアップ!?美乳フード「小豆」の魅力

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

お赤飯やぜんざいなどの料理に使われ、昔からなじみのある小豆。お正月にいただいた方も多いと思います。実は小豆には美容や美乳づくりに欠かせない栄養素が詰まっているのです。
そこで今回は、美乳研究家の筆者がバストアップ効果が期待できる小豆の魅力をご紹介。ぜひ美乳づくりにお役立てくださいね。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■ふっくらおっぱいをつくる「小豆」の栄養素とは?


●タンパク質

小豆に多く含まれているタンパク質は、美乳づくりに必須。おっぱいの土台となる「大胸筋」や、おっぱいを吊り上げて天然のブラジャーとなる「小胸筋」の材料ともなります。

ふっくらおっぱいの表面を包み込んでいる皮膚も、タンパク質からできています。

全身の筋肉や皮膚の弾力をキープするためにも欠かせない栄養素といえるため、ダイエットしながらふっくらおっぱいをキープするには、タンパク質を十分に摂る必要があります。


●ビタミンB1

ビタミンB1は糖質の代謝を促進したり、疲労回復を助けてくれたりする栄養素。糖質を摂りすぎてしまったり夜更かしをしがちな時に欠かせない栄養素です。

その他、小豆にはビタミンB2やカルシウム、鉄分も多く含まれています。


■小豆を手軽に摂り入れる方法ってないの?

小豆を手軽に摂る方法としてオススメなのは小豆茶。むくみがすっきりすると美意識の高い女性の間では既に話題になっています。
最近ではティーバッグになって発売されているものもあるので、より手が出しやすいものになりつつあります。
小豆茶の「出がらし」である小豆にはタンパク質がたっぷり入っているので、お茶を抽出した後には食べるのがベスト。また、利尿作用や解毒作用もあるため、二日酔いの改善にもオススメです。


お正月といえば、小豆たっぷりのおしるこを食べる人も多いと思います。お砂糖やお餅は控えめにして、小豆の栄養をまるごといただきましょう。小豆のタンパク質とビタミンB1を味方につければ、ダイエットしながらバストアップも夢じゃないかも!?


(美乳研究家 MACO)

【あわせて読みたい】
下半身のむくみに効果大!美人をつくる「あずき茶」の作り方
実はアレは逆効果!【プロ直伝】正しいバストアップエクサ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
アンチエイジングのために!始めたい食べ物・やめたい食べ物
アンチエイジングなおやつ、身近なアーモンドチョコの秘密
手足が冷えて眠れない夜に!快眠のためおすすめの飲み物3つ
美容に◎!くるみを使ったビューティレシピ2つと選び方
アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
小豆 – わかさの秘密

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング