LBR LIFE&BEAUTY REPORT

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン LBR

今さら聞けない!?種類別「ファンデーション」の特徴辞典

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ファンデーションと一言にいっても、最近はクリームファンデ、リキッドファンデ、パウダーファンデの他に、クッションファンデ、ミネラルファンデ、bbクリーム、ccクリームなど数多くのカテゴリーが生まれています。
特に新しく出てきたアイテムの特徴は、ぼんやりとしかわかっていない人が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、ヘアメイクアップアーティストの筆者がファンデーションの特徴を種類別でご紹介いたします! ファンデーション選びの参考にしていただければ幸いです。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■今さら聞けない!?ファンデーションの特徴辞典


・クリームファンデーション ★カバー力:高

リキッドファンデーションよりも油分が多く、コクのあるテクスチャーが特徴です。

乾燥が気になる、肌トラブルが多いという人にオススメです。


・リキッドファンデーション ★カバー力:中

液状のみずみずしいテクスチャーで、伸びがよく肌になじみやすいことが特徴です。

ツヤ肌、ナチュラル感を出したベースメイクに仕上げたいときにオススメです。


・パウダーファンデーション ★カバー力:高

コンパクト式で使いやすく、持ち運びしやすいのでメイク直しなどに使われることが多いアイテムです。油分が少なく、肌ムラや肌トラブルなどをサッとカバーできるほどカバー力が高いことが特徴です。

肌が乾いている状態で付けすぎてしまうと、粉が吹いたように浮いてしまいがちです。保湿をしっかりし、薄くつけることがポイントです。


・クッションファンデーション ★カバー力:中

最近トレンドのクッションタイプはリキッドのみずみずしさと、パウダーのさらっとした仕上がりを両立しています。
またカバー力もありながら、ナチュラルなツヤ肌に仕上げることができると人気なアイテムです。


・ミネラルファンデーション ★カバー力:中

肌への負担が少ない天然ミネラルが主成分。軽いつけ心地でクレンジング剤を使わず洗顔などで落とすことができるといった手軽感が魅力的です。

季節の変わり目や肌が敏感な時だけに使用し、肌への負担を減らすこともオススメです。


・bbクリーム ★カバー力:中

「blemish」(傷)「balm」(軟膏)の略称で、肌の炎症を抑えながら保護する効果のある、肌色のカバークリームというのが本来の意味です。

美容液、下地、日焼け止め、といった多機能のオールインワンタイプが主流になっていますが、揮発性が高いので、ササッとつけないとムラになりやすいので注意です。


・ccクリーム ★カバー力:低

薄づきでカラー補正力に優れているという特徴があります。bbクリームよりもカバー力が低く、肌のトーンアップや透明感アップの効果が高めです。ナチュラルメイクやデイリー使いにオススメです。


ファンデーションの特徴は意外と知らなかったり、忘れてしまいがち。アイテムの特徴を知ることで、どんなメイクにしたいかによって使い分けたり、肌の状態と合わせてアイテムを新調する時に便利なので、ぜひ覚えておくことをオススメいたします。


(フリーヘアメイクアップアーティスト・中花 絵里香)

【あわせて読みたい】
LBRオリジナル!ライターが選ぶ、2016年「わたしのベストコスメ」
美容賢者はやってない!「むしろ悪影響を与える」シートパックの勘違い使用法4つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
女度高めの煌めく目元で存在感アップ!最旬アイシャドウ3選
伝説モテメイク・アラフォー流〜アイメイク編〜
下地も部分使いがベスト!肌悩み別おすすめ化粧下地3選
30代・40代におすすめ「ツヤ肌下地&ハイライト」まとめ
毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選
放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング