LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

生理前のだるさ・イライラを撃退!とり入れたい生活習慣5つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

生理前のなんとなくだるいその症状。ホルモンバランスのせいにして放置していませんか? 原因を知って、具体的に対策を行うことで、生理前の不調とは無縁な体質になることも。
そこで今回は、ナイトケアアドバイザーの筆者が生理前のだるさやイライラを防止する対策をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■生理前は浅い眠りになりやすい

良い眠りを得るには、内臓などの深部体温の低下が不可欠です。しかし、生理前は、高温期で体温が高い状態であるため、寝る前に眠りに適した体温までなかなか下がりません。

その結果、眠り自体が浅くなってしまうのです。眠りが浅いと、朝の寝起きも悪いことが多く、日中のイライラや憂鬱感なども自然に増えることが考えられます。

対策は、まずは深部体温を下げること、そして、特に寝る前の自律神経を整えることです。よい眠りを得ることができれば、深い睡眠時に体の修復が行われ、なんとなくだるいといったプチ不調を和らげてくれます。


■生理前は必ず湯舟に浸かろう

お風呂は、手っ取り早く体を温められる上、自律神経の副交感神経を優位にしてくれる、最大のリラックスツール。お風呂を使わない手はありません。

また、先述の通り、生理前は体温が下がりにくくなっています。お風呂で体温を少し上げることで、自律神経の働きでより体温低下を促すため、熟睡に導いてくれます。40度のお湯に、15分~20分を目安に浸かりましょう。


■夕方に運動をしよう

体温や血圧が高い夕方に運動を行いましょう。お風呂と同様に、事前に体温を上げておくことが、寝る前の体温低下に繋がります。少し鼓動が早くなるまで、行うとよいでしょう。

エスカレーターを使わず階段を利用する、1駅分走る、トイレでスクワットする、など工夫しましょう。


■寝る前に「ウォームインプット」

「ウォームインプット」とは、筆者が考案した言葉で、目や耳などの情報をインプットする部位を温めることをいいます。
一日中PCやスマホを見ていたり、いろいろな音を聞いて24時間ずっと稼働しっぱなしの目と耳を、電子レンジで温めたタオルで温めてみましょう。

血管が拡張して血液循環がよくなり、筋肉がほぐれて疲れが徐々に緩和していくため、とても心地よくうっとりすることができます。


■子宮卵巣を温めよう

電子レンジで温められる、柔らかい湯たんぽを子宮卵巣の上においてお休みしましょう。血流がアップすると、細胞の新陳代謝や老廃物の排出が促進されます。

ただし一晩中温かい電気毛布やホッカイロを使用するのはNG。過剰な温かさが長時間続くと、眠りを浅くしたり、低温やけどの可能性があるので避けてください。


■寝る前にうっとりすること

「うっとり」とは、筆者は「副交感神経を優位にすること」と定義づけています。寝る前はスマホを見たり、考え事をしたりと交感神経が優位になる生活を送っていられる方が大変多いです。

しかし、先述のウォームインプットをはじめ、ゆったりとした深呼吸や、気持ちの良いストレッチをすることで、交感神経が低下し、血圧や深部体温が適切に下がり、よい眠りを得ることができるようになります。

キーワードは、「それ、うっとりする?」。寝る前の過ごし方に、何度か自分自身に問いかけてみて、うっとりする行動をとりましょう。


これら対策とともに、仕事をがんばりすぎないこともとても重要。女性は男性にはない生理周期があります。男性と同じようにがんばりすぎず、肩の力をすっと抜いて、楽に生きていきましょう。


(生活習慣改善サロンFlura代表 ナイトケアアドバイザー・小林 麻利子)

【あわせて読みたい】
睡眠のプロが教える!朝の寝起きを悪化させるNG習慣
3日遅れたら要注意!生理を遅らせる原因3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
早食いはダイエットの大敵!ゆっくり食べるための方法3つ
太りやすさの元、猫背を改善!「脇ほぐしストレッチ」
“痩せる”って実は簡単!?「痩せグセ」の作り方と食事法
足の冷え解消に◎足首をほぐす「ゴロ寝ストレッチ」
超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング