LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

もこふわニット素材を上手に収納♡かさばる冬アイテム収納テク

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

冬になると、お洋服に厚みが出てくる。そんな時に悩むのが「着膨れ」とお洋服の「収納」。
コーディネートはバランス次第でスタイリッシュに見せられても、収納はコツが必要。特に、ニットは収納の仕方が悪いとすぐピリング(毛玉)が出来てしまって痛みやすいのです。
そこで今回は、ニットを始めとする冬アイテムを上手に収納する方法をご紹介いたします! 年末の大掃除のときなどにもお役立てくださいね。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■素材をいたませずに収納するには?

ニットにすぐピリング(毛玉)が出来てしまう大きな理由は、摩擦。

繊維と繊維が摩擦されて、整っていた毛先がほころびダマになるので、ニットをクローゼットにギュウギュウにつめるのは毛玉が出来る原因に!

適度な隙間をつくって、摩擦を極力起こさないようにするのがニットを長持ちさせるポイントです。


■冬アイテムの収納方法


・ニットの収納方法【その1】

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

ニットは畳んでキャビネットにしまう方が多いのではないでしょうか。

それはもちろん、そうですよね。ハンガーにかけると肩崩れの原因にもなってしまいますし、クローゼットはコートなどの大きなアウターもしまわなくてはなりません。

ですが実はニットはハンガーにかけてしまう方がニットを痛ませずに長持ちさせることが出来ます。ただし、ニットを単純にかけるのではなく写真のような手順で肩崩れを起こさない掛け方でかけましょう。

こうすると、ニットを取り出す時に他の服との摩擦を失くし、スムーズに取り出すことが可能! コートのスペースを半分あけて、上手に収納しましょ♡


・ニットの収納方法【その2】

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

そうはいっても、クローゼットはコートで一杯! ニットを収納するスペースがない……という方は、畳みでキレイに収納を♡

ここでポイントなのは、均一に整理された畳み方をすること。

ニットは商品によって、厚みや堅さが違うため、雑に畳んでしまうと、ぐちゃぐちゃな収納になってしまう原因になります。

そこでポイントなのが100円均一に売っている厚紙を挟んだたたみ方。

写真のように身頃に厚紙を挟んでたたむと身幅が統一されて収納しやすくなります。またボックスに入れる場合は平置きではなく、立てかけるように収納することで、収納率がグンとUPします。


・他にもあるある!厚み素材の収納方法

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

冬素材で大活躍の反面、収納に困るのがマフラー。

重ねて置くと一見キレイなのですが、すぐに崩れてしまいます。

そこでオススメなのが、デッドスペースにつっぱり棒を使って、その棒に巻き付けた収納方法。アパレルショップでよく見かける収納ですが、これだと重ねて置く必要がないので崩れませんし、畳む面倒さがないのがズボラさんには嬉しいポイント♡


ついつい、収納が雑になってしまいがちな冬のお洋服。ですが、夏のお洋服よりもとっても繊細で痛みやすいです。

せっかくお金を出して買ったニットも1年も経たないうちにダメになってしまうのは残念ですよね。収納を整えることはモノを大切にすることでもありますので、ぜひ心をこめてニットを丁寧に扱う収納をしてみてくださいね♡


(ファッションコラムニスト・角 侑子)

【あわせて読みたい】
型崩れしない!ニットをスッキリ収納する裏ワザ
伊達メガネ大流行中!顔のライン別「似合うメガネのタイプ」6つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ
30代・40代流スカンツ&スカウチョの選び方とコーデ術
スタイリスト直伝!30代・40代「トレンドサンダル」選び方・コーデ
スタイリスト直伝!30代・40代流「サンダル+靴下」コーデ術
30代・40代の大人まとめ髪「くるりんぱ×お団子」ヘアアレンジ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング