LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

その便秘は”冷え”が原因かも!?毎日摂りたいスパイス2つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

便秘に悩む女性はいつの季節も多いのですが、とくに冬になると便秘が辛くなる……という方は、冷えが原因かもしれません。私たちの身体は、深部体温が37℃台で正常に働くようにできているため、身体が冷えていると腸の動きも鈍り、便秘になりやすくなります。そんな冷え便秘には「山椒」・「フェンネル」を毎日の食生活にプラスしてみましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■冷え便秘に!毎日とりたいスパイス2つ

(1)山椒

山椒には、血管を広げ、血流をスムーズにする働きのあることがわかっています。血流がスムーズになることで、身体のすみずみまで血液が流れ、身体が温まります。また、山椒の辛味成分である「サンショオール」には胃腸の動きを整える働きがあり、冷えだけでなく、食べ過ぎや消化不良によるお腹のハリや便秘の解消効果も期待できます。


(2)フェンネル

東洋医学においてフェンネルは、内臓を温めて冷えが原因で起こる諸症状の緩和に用いられる温裏類(おんりるい)に分類されています。とくに下半身の冷えに効果があるとされ、冷えが原因の腰痛や生理痛に用いられます。胃腸を温める効果にも優れていますから、冷えからくる便秘や胃痛の緩和にも役立ちます。 またヨーロッパでは、古くからダイエット効果のあるスパイスとして知られています。フェンネルの香りに食欲を抑える働きがあるそうですから、ダイエット効果も期待できて一石二鳥ですね!


■山椒・フェンネルの使い方

・「山椒」はコショウの代わりに、甘味との組み合わせも

山椒は、辛味というより香りを楽しむスパイスです。また、甘味とも相性がよく、山椒を使った和菓子もあります。コショウの代わりに山椒を使ったり、焼き菓子に入れたりすると美味しいのでおすすめです。


・「フェンネル」は、シードをサラダや炒め物に

フェンネルは、生のものもありますが、手に入りやすいのはフェンネルシードと呼ばれるスパイスです。そのまま噛んで食べると口臭の予防効果もあると言われています。サラダに混ぜたり、油で軽く炒めて、肉や魚と一緒に調理しても美味しいですよ。


冷えは便秘だけでなく、生理痛や腰痛、肩こりなど痛みの原因にもなります。冷えが気になる方は、身体を温めるスパイスを習慣にして、冷えを撃退したいですね。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ)

【あわせて読みたい】
朝は乾・夜は生!生姜は使い分けて冷え取り対策を
秋の乾燥肌や冷え予防に!「カボチャ」がおススメな理由4つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方
アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
月桂樹や山椒などに血圧を低下させる効果を究明 – カゴメ
成分情報 山椒 – わかさ生活
成分情報 フェンネル – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング