LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

食べなきゃソン!美肌に嬉しい「秋鮭」の栄養とお洒落レシピ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

旬を迎えた天然の「秋鮭」は、美肌作りや生活習慣病予防に嬉しい栄養がギュッと詰まっていて、まさに食べなきゃソン! な食材。お鍋の具材をはじめ、ソテーやグラタン、シチューなど様々なお料理に使えます。
今回はそんな旬の秋鮭のインナービューティーポイントとお洒落で簡単な常備菜レシピをご紹介します。美味しく食べて、美肌をキープしましょう!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

●良質脂で低脂肪なのが嬉しい!

旬の天然の秋鮭は、養殖の鮭と比べると脂肪分が少ないのがポイント。良質な脂が程よくのっておいしい秋鮭はダイエットの強い味方。
良質な脂は女性ホルモンや脳の構成成分の材料になる他、艶やかで強くて美しい髪や爪を作るためにも欠かせない重要な栄養素です。


●DHAで脳の働きをサポート!

秋鮭の脂にはDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富で、アルツハイマーの予防や学習・記憶能力の向上をサポートするなど、脳の働きに大きく関わる栄養素として研究が進められています。母乳にも含まれていることから、母乳育児への関心も高まっています。


●EPAで生活習慣病を予防!

秋鮭の脂にはEPA(エイコサペンタエン酸)も豊富。EPAは血栓を予防する働きがあり、高脂血症や動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に効果が期待されています。


■【おすすめレシピ】秋鮭のエスカベッシュ風マリネ

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report


<材料> 作りやすい分量

・秋鮭 2切

・小麦粉 大さじ2

・塩、こしょう 各少々

・タマネギ 1個

・ディル 適宜


-A-

・オリーブオイル 100ml

・白ワインビネガー 大さじ2

・レモン汁 少さじ1/3


<作り方>

【1】秋鮭の両面に塩・こしょうをまぶして約10分置く。キッチンペーパーで余分な水分をふき取り、ひと口大に切る。小麦粉を全体にまぶす。

【2】タマネギは芯を除き、5mm幅にスライスする。

*あればセロリやパプリカなども一緒にいれても◎。

【3】フライパンにオリーブオイル(分量外)をひき、タマネギを半透明になるまで炒めたら一度フライパンから取り出す。

【4】フライパンに再びオリーブオイル(分量外)をひき、粉を良くはたいた秋鮭の両面を焼く。

【5】Aのマリネ液をよく混ぜ合わせる。

【6】保存容器に秋鮭を入れ、その上に炒めたタマネギをのせる。マリネ液を全体に回しかけ、最後にディルをのせる。落としラップをしてから密封し冷蔵庫で1日寝かせる。


<ポイント>

・少ない油で仕上げることで後片付けもラク!

・余分な粉をしっかりはたいてから焼くことでキレイに仕上がる!

冷蔵庫で約3日間保存可能なので忙しい日々の作り置きにおススメ! オリーブオイルが固まりやすいので食べる30分ほど前に冷蔵庫から出すと良いです。


栄養満点の旬の秋鮭、色々なお料理で楽しみましょう!


(旬食美人学主宰/インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

【あわせて読みたい】
美容家が本当に食べている!スーパーフード厳選6つ
痩せられないのは「デブ菌」のせいかも!?デブ菌を増やさない食習慣3つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方
アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

【参考】
EPAとDHAの違いは? – ニッスイ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング