LBR LIFE&BEAUTY REPORT

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン LBR

将来は+5歳見え!?法令線が深くなりやすい人の特徴6つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

顔を見て、年齢のジャッジをする一番のポイントはシワではないでしょうか。シミは機能性コスメで隠せばある程度カバーできるけど、シワはなかなか隠しきれませんよね。シワがあると老けて見えてしまうので、「いくつくらいに見られているのかしら」なんて思われているか心配になりますよね。

中でも大きなシワの法令線は、年齢とともに深くなっていきますが、加齢や紫外線のほかにも法令線が深くなる原因をしている人ってけっこう多いんです。

そこで今回は、法令線が深くなってしまう人の特徴をエステ講師の筆者がご紹介。当てはまる人は早めに対策を始めて、ハリのある肌をキープしていきましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■プロは見た!法令線が深くなりやすい人の特徴6つ


1.気を抜くと口が開いている

パソコンを見ながら、テレビを見ながら、無意識に口が開いている人はいませんか?

これは口輪筋や頬の筋肉が緩んでいるから開いてしまうのです。法令線ができてしまう原因のひとつは筋肉の衰え。口が開いているのに気づいたら、顔の筋肉の鍛え時ですよ。


2.スマホやPCに向かう時間が長い

無表情でいる時間が長いため、顔の筋肉が使われずに衰えてしまいます。でも、ニコニコ笑いながら画面に向かうなんてことはなかなかしないですよね。

どちらも1日中向かっていることが多い今、顔が凝り固まっている人も多いはず。余裕があれば顔のコリをとり、リンパマッサージをして老廃物を流しましょう。老廃物を放置すると顔のむくみが溜まり、重力でたるみが早くなります。たるんでくると法令線も濃くなりますよ。

画面に向かう際も、口角が下がらないように気持ち上げてキープして、頬の筋肉を使う意識をしましょう。


3.無意識に脚を組んでしまっている

脚を組むのは身体が歪む原因。バッグを同じ側で持つのも同じで、体の歪みはそのまま顔の歪みにつながります。

頬の高さが左右で違う人は肩がどちらか下がっていて、肩が下がっている側の法令線がより深くなります。左右で法令線の深さが違うと感じるなら、まずは身体の歪みを見直して。


4.噛み合わせが悪い

噛み合わせが悪いと噛みやすい側で食べがち。使われない側の法令線が濃くなってしまいます。食べ方の癖がないか、意識してみてください。


5.丸顔だ

残念ながら頬にお肉が元々あるので、ハリがなくなると法令線が深くなりやすい顔型といえます。丸顔がたるむと顔が四角く見えるため、舌回しなどで頬のリフトアップ対策を早めに始めるのがおススメです。

でも、法令線を極力薄く保てれば、いつまでも若く見られるのが丸顔のメリットでもありますよ。


6.今日一日、笑った記憶がない

出勤して仕事をして、帰宅をして……愛想笑いや会釈はあっても、口を大きく開けて笑わなかった人は多いのではないでしょうか。

誰でも、友達と久しぶりに会ってお腹を抱えて笑って腹筋が痛い、なんて経験があるはず。筆者も新人の頃、笑顔のトレーニングをやった経験がありますが、翌日顔が筋肉痛になるくらい、笑顔って本当は顔の筋肉を使うんです。

笑うことは楽しいアンチエイジング対策。週末にお笑いライブに行ったり、友人と大笑いするのも老けない習慣のひとつだといえます。


いかがでしたか? 当てはまるものがあったら早めに対策を検討してくださいね。


(紅華堂主宰・エステ講師・坂本 雅代)

【あわせて読みたい】
早めに対策!アラサーから始めるほうれい線・たるみケアまとめ
第一印象が変わるほど目力UP!美髪までも作る「シリカ」とは?

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」
超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退! 
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング