LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

秋の乾燥肌や冷え予防に!「カボチャ」がおススメな理由4つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

来月はハロウィン! 街の装飾もすっかりハロウィンモードになってきましたね。仮装をして楽しむ予定の人もいるのではないでしょうか。
そんなハロウィンといえば「カボチャ」。コロンとした見た目も可愛く、食べておいしい、そして女性の永遠の悩みである「冷え」や「アンチエイジング」にピッタリのお野菜なんです!
そこで今回は、そんなカボチャのインナービューティーパワーについてご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

●ホクホク食感と優しい甘みでお腹も心も満たされる!

今では年中入手可能なカボチャですが、実は夏〜初秋が旬の夏野菜のひとつ。
果肉は色鮮やかなオレンジ色で緑黄色野菜の黄色選手の代表格。また「芋・栗・南瓜」といわれるように、ホクホクとした食感と優しい甘さは、女性や子供たちから不動の人気を誇る美味しさ。お料理からスイーツまで幅広く使えます。

整腸作用がある食物繊維が豊富で、食べ応えも抜群のカボチャはお腹も心も満たしてくれますよ。


●強力な抗酸化パワーで生活習慣病予防!

細胞老化の原因となる「活性酸素」の働きを抑える「抗酸化力」。抗酸化力が強い栄養素の代表格といえば「ビタミンA」「ビタミンC」「ビタミンE」の3つ。これらのビタミンは一緒に摂取すると相乗効果で抗酸化力がさらにアップすると言われています。カボチャにはこれらすべてのビタミンが豊富に含まれており、中でもビタミンEの含有量は野菜の中ではトップクラスなんですよ! 
抗酸化力はがんや動脈硬化などの生活習慣病予防にも欠かせません。


●ビタミンEで血流改善、冷えを予防!

カボチャに豊富に含まれるビタミンEは通称「アンチエイジングビタミン」とも呼ばれています。
ビタミンEには細胞老化を防ぐ抗酸化力に加え、血流を良くする働きも。朝晩の気温差が大きくなる初秋から気になりだす「冷え症」の予防や血色の良い美しいお肌作りにも欠かせないビタミンなんです。


●美肌作りや感染症予防の強い味方!

カボチャのビタミンCやビタミンAの含有量も野菜の中ではトップクラス! ビタミンCはコラーゲンの生成に関わり、細胞レベルから美肌を作ってくれます。
ビタミンAには目・鼻・喉などの粘膜を保護する働きが。気温・湿度共に下がり出す秋口は、空気の乾燥からお肌の角質層の水分が不足しやすく、吹き出物や痒みなどの肌トラブルが起こりがち。豊富なビタミンCやビタミンAは肌トラブルの予防や風邪などの感染症予防の強い味方でもあるんです。


最近は「はしか」の流行も気になるところ。カボチャのトリプル抗酸化ビタミンで、乾燥に負けない美肌作りはモチロン、感染症に負けない健やかな身体を作りましょう。次回はカボチャを使った簡単レシピや調理のポイントをご紹介します!


(旬食美人学主宰/インナービューティー研究家/フードコーディネーター・國塩 亜矢子)

    【あわせて読みたい】
    ●●する程抗酸化力がアップ!かぼちゃの上手な食べ方とは?
    美容家が本当に食べている!スーパーフード厳選6つ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
    水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

    【参考】
    ※吉田企世子 監修(2011年)「旬の野菜の栄養事典」(エクスナレッジ)

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら