LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

ベビーオイルは肌荒れする!?正しい濡れ髪スタイリング術

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

最近巷で人気のウェット系スタイリング! ヌケ感たっぷりでおしゃれで可愛いですよね。僕もオススメさせていただいてます!
SNSでは「ベビーオイル」を使ったウェット系スタイリングが流行しているようなのですが、実はそのベビーオイル、肌荒れを起こす可能性があるかもしれません……。赤ちゃんでも使用できるアイテムなので、肌に優しいのでは? と思いますが、髪につけるとある理由で肌荒れの原因になってしまうのです。

そこで今回は、スタイリストの筆者がベビーオイルをスタイリングに使用するとなぜいけないのかという理由と共に、ウェットヘアを作る時に使いたいオススメのヘアアイテムをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■人気のベビーオイル、なぜ髪につけると肌荒れするの?

ベビーオイルを使ってウェット系ヘアを作るのが、今インスタグラムをはじめとするSNSで話題です。
ベビーオイルはもちろん、本来の使い方でお肌に使用するのであれば、赤ちゃんに使えるくらい優しくて安全なものです。

しかし、髪に使うとなると話は別。ベビーオイルはシャンプーでは落ちにくいため髪に残りやすく、それがほこりや空気中にある余計なものとくっついて肌に当たることで肌荒れの原因になってしまいます。中には炎症を起こしてしまったなんて人もいらっしゃいます。

お肌には優しいベビーオイルですが、髪に使うと思わぬ肌トラブルを引き起こすことになりかねません。


■スタイリストおすすめ!ウェットヘアに使用するといいアイテム

ベビーオイルは、もともと髪の毛につけるものではないので、あまり使用をおすすめしません。(二次的使用に関して、絶対ダメとはいえませんが…)
そこで筆者は、ウェットスタイリングには「洗い流さないヘアオイルトリートメント」を使用することをオススメします。
ヘアオイルでは空気中のゴミがついて肌荒れをするといった事例はかなり少ないです。もともと、どんな使用目的で作られたかを考えると納得だと思います。


いかがでしたか? 是非皆さんもキレイなお肌をキープするためにも、一度考えてみていただければと思います。洗い流さないトリートメントでウェットヘアを作って、今よりも もっともっと可愛くなりましょう!


(AIJI)

【あわせて読みたい】
美容師直伝!サロンで失敗しない理想のヘアカラーになる方法
色で印象を操る!自分をキレイに魅せるヘアカラーとは?

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
30代・40代におすすめ「ツヤ肌下地&ハイライト」まとめ
毛穴落ち・化粧崩れに!美容ライターおすすめ「夏の化粧下地」6選
毛穴・くすみ払拭!30代・40代おすすめフェイスパウダー3選
放置で+5歳!?初心者さん必見「キレイにセルフ白髪染め」のコツ
伸ばしかけも簡単!30代・40代に◎前髪アレンジまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング