LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

効果を最大限に!ヨーグルトの食べ方&食べ合わせまとめ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

健康や美容のために毎日ヨーグルトを食べている、なんて人もいると思いますが、ヨーグルトには腸内環境を整える効果だけでなく美肌などの嬉しい効果がたくさんあります。そんなヨーグルトのパワーを最大限に引き出すために、ヨーグルトの種類や食べ合わせ、食べ方に工夫をしてみませんか?

今回はLBRの過去記事の中からヨーグルトのパワーを最大限にする方法を厳選してまとめてみました。毎日のヨーグルト時間がより楽しくなるかもしれません!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■美肌作りにおすすめヨーグルト3つ


●カスピ海ヨーグルト

独特のネバリが特徴のカスピ海ヨーグルト。カスピ海ヨーグルト研究所によれば、ストレスによる皮膚機能の低下を防ぐ効果があるのだとか。

仕事のストレスや、睡眠不足がお肌に現れやすい方は、カスピ海ヨーグルトを食べてみて!


●アロエヨーグルト

アロエの抽出物とヨーグルトの上清(ホエー)には、シミの元となるメラニンを作る酵素チロシナーゼの活性を抑える働きがあるそう。

森永乳業によれば、アロエとヨーグルトを組み合わせることで、より高い効果を発揮するそうですから、紫外線が強くなるこれからの季節、美白効果を狙うならアロエヨーグルトがおすすめ。


●ブルガリアヨーグルト

ブルガリアヨーグルトなどに使われている「LB81乳酸菌」を4週間摂った実験では、肌の弾力、乾燥や乾燥による角質層の剥がれが改善されたそう。

また、便秘が解消する効果もみられたそうなので、便秘による肌荒れが気になる方にも良いでしょう。


■ヨーグルトの“とろり”の正体は食物繊維!?

さまざまな菌で作られるヨーグルトにはそれぞれ特徴がありますが、「クレモリス菌」などの乳酸菌によってつくられるネバリは「EPS」と呼ばれ、小腸で分解・吸収されずに大腸に届き、食物繊維と同じようなあらゆる健康効果が期待されています。
「EPS」はカスピ海ヨーグルトなどに含まれています。


■“とろり”のビューティー効果


(1)ストレスに強い肌を作る

ストレスが続くと、ニキビなどの肌荒れをしてしまう方が多いと思います。

そこで、「EPS」を含むヨーグルトを食べると、ストレスが原因で起こるバリア機能の低下を抑えることができるのだとか。


(2)糖や脂肪の吸収を穏やかに

「EPS」には、食べ物から摂った糖や脂肪を包み込んで、吸収を穏やかにする働きがあります。

血液中の糖を処理するために分泌されるインスリンには、脂肪の分解を妨げ、脂肪を溜めこんでしまう働きがあるのですが、「クレモリス菌」で作られたヨーグルトには、インスリンの分泌も穏やかにする働きがあるのだそう。


(3)腸内環境だけでなく腸自体を健康に

ヨーグルトは腸内環境を良い状態に保つだけでなく、炎症を抑える作用もあることがわかっています。
日頃から、腸が弱いと感じている方は毎日食べると良いかも!?


■ヨーグルトがさらにパワフルに!鉄板の食べ合わせ2つ


(1)オリゴ糖で甘味をプラス

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内にすでに住み着いている善玉菌と一緒に働く、いわば「助っ人」です。助っ人だけでも、腸内フローラは善玉菌優勢になりやすくなりますが、善玉菌のエサをプラスしてあげれば、さらに効果が期待できます。ヨーグルトに甘味を加えるのであれば、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を加えましょう。


(2)フルーツで食物繊維をプラス

フルーツは、食物繊維の多い食べものです。とくに、柑橘系フルーツやプルーンに多く含まれる水溶性食物繊維は善玉菌の大好物ですから、ヨーグルトにフルーツを添えるのも◎です。


■ヨーグルトの効果UPのために!おすすめの食べ方2つ


(1)100g以上食べる!

美容・健康にいい働きをするものなら、たくさん食べるほど効果があるような気がしますよね。もちろん、たくさん食べてもいいのですが、無理に多く食べる必要はありません。1日100g以上であれば、それ以上食べても大差がないそうです。目安は1日100g! 無理のない分量を食べましょう。


(2)毎日食べる!

ヨーグルトは、朝がいい、夜がいい、など、時間によって効果が変わるともいわれていますが、大切なのは毎日続けることです。ヨーグルトによって改善した腸内環境は、食べるのを止めると元に戻ってしまうことがわかっています。朝でも夜でも、ご自身のライフスタイルに合わせて、毎日続けられる時間帯に食べましょう。


いかがでしたか? ヨーグルトにはたくさんの嬉しい効果があるんですね。毎日の食事に取り入れて、腸内も肌もキレイになっちゃいましょう! 


(LBR編集部)

    【あわせて読みたい】
    ただ食べても意味なし!?正しいヨーグルトの選び方・食べ方
    カスピ海ヨーグルトの“とろり”が肌荒れやダイエットに効果的!?
    5月15日は「ヨーグルトの日」!効果がUPする食べ方&食べ合わせ

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    女優も常食で話題!「アマランサス」食べ方&簡単レシピ3つ
    水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方
    アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    フード・食べ物の最新記事はこちら