LBR LIFE&BEAUTY REPORT

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン LBR

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

モテ美人姿勢を保つために!日常生活で意識すべきポイント【前半】

普段立ったり歩いたりしている時に、「美しい姿勢」を意識している人はどれくらいいるのでしょうか。
レッスンに通ったり、モデル事務所にでも入らなければ、「立ち姿」や「歩き姿」について習う機会も少ないのが現状です。 メイクやファッションに気を使っているのに、姿勢が悪いだけでおブスな見た目になってしまうのはもったいないですよね。
そこで今回は、2回にわけて「モテ美人姿勢」になるための普段から意識したいポイントについてご紹介します。「おブス姿勢」とサヨナラして、誰もが振り向くような「モテ美人姿勢」になりましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report


■モテ美人姿勢を保つ!日常生活で意識したいポイント

長時間スマートフォンを見たり、パソコンで作業をしたり、重い荷物を持って移動したりすることで、知らず知らずのうちに私たちの姿勢はどんどん崩れてしまっています。以下の事を実践して、美人姿勢を身につけましょう!


【1】アゴを引く

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

パソコンを使用している時に、気がつくとアゴが前にでてしまっている、なんてことはありませんか? それだけでもカッコ悪い上に、アゴが前に出ていると姿勢も崩れてしまっています。
常に「アゴを引く」ことを意識しましょう。それだけで、背筋がすっと伸びますよ。


【2】肩を後ろにまわす

長時間スマートフォンを見ている時やデスクワークをしている時に、肩が前に入ってきて猫背気味になってきていませんか? 
背中が丸くなり、姿勢が悪くなるだけでなく、肩こりの原因にもなってしまいます。猫背にならないように、「肩をぐるっと後ろにまわす」のを30分に1回はしましょう!


【3】足を閉じる

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

電車で座っている時や、デスクワーク中に気がつくと両足が開いている、なんて人はいませんか? このとき、姿勢が悪くなっている可能性大です。 
内もも(内転筋)を意識して左右の膝を閉じましょう。オフィスでデスクワークをする時に、膝の間にタオルやハンカチなど、なんでも良いので挟んで落とさない様にしてみると◎。これ、結構効きます。
背筋が伸びるだけでなく、内転筋を鍛えると「膣トレ」にもなるので一石二鳥!


いかがでしたか? 何気ない普段の意識であなたも「モテ姿勢美人」に変身! ぜひ気がついた時に試してみてくださいね。


(MIKA)

【あわせて読みたい】
ついついやってない?「おブス姿勢」をつくる悪習慣(前編)
第一印象は姿勢で決まる!?好印象な美姿勢を身につけよう

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」
超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退! 
おやすみ前の1分に!腰痛も解消「寝たまま美脚ストレッチ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング