LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

紙とペンで今すぐチェック!6タイプ別の不調改善法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

東洋医学では、身体を構成する3つの要素「気・血・水」のバランスを重視しています。この3つがうまく循環することで、人は健康や美容を保つことができると言われていますが、このバランスが乱れてしまうと心身に不調が現れてしまいます。
あなたがずっと悩んでいる不調や、原因不明の症状も、実は「気・血・水」の乱れからきているかも? 今回は身体の不調タイプ別の体質改善方法を、漢方薬剤師の筆者がご紹介いたします。紙とペンを用意して! さっそくチェックしてみましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■「気・血・水」とは?

気(き)……身体の中を巡るエネルギー。気力や体力、基礎代謝や免疫力などを表しており、身体の各機能を動かします。
血(けつ)……身体中を巡る血液。全身に栄養素を運びます。
水(すい)……血液以外の水分。汗や消化液、リンパ液など。


■まずはペンと紙を用意して、あなたの体質をチェックしてみましょう!

タイプ1

□疲れやすく、体力がない
□食欲がない
□抵抗力がなく風邪をひきやすい
□下痢をしやすい、便がやわらかい
□息切れがする、動悸がする
□冷えを強く感じる
□舌に歯形がつく


タイプ2

□イライラしやすい
□いつも憂うつで、落ち込みやすい
□おなかがパンパンに張る
□せきが出たり、なんとなく息苦しくなったりする
□頭痛やめまいがする
□生理不順で、生理前には過食傾向にある
□生理前や生理中に下腹部や乳房の張りがある


タイプ3

□顔色が悪く、唇や舌が白っぽい
□立ちくらみやめまい、動悸がする
□疲れやすく、貧血ぎみ
□つめが薄く、折れやすい
□皮膚がかさかさしている
□髪の毛が抜けやすい
□生理の出血量が少なく、周期は遅れがち 


タイプ4

□顔色や唇が黒っぽく、目の下にクマができやすい
□吹き出物や湿疹がでやすい
□肩や首、背筋がこる
□あざができやすい
□便秘症
□舌の裏側に太い血管が二本はっきりと見える
□生理痛が重く、血のかたまりが出る


タイプ5

□顔のうち、頬は赤っぽい
□肌や髪が乾燥している
□のぼせがある
□声がかれて、からせきが出る
□目が乾き、おちくぼんでくる
□手足がほてる
□のどが渇きやすい


タイプ6

□全身がいつも重く、だるい
□顔や手足にむくみがある
□痰がからんでせきが多い
□太り気味、ぽちゃぽちゃした水太り
□水のような鼻水が出る
□便がやわらかく、下痢しやすい
□舌苔(ぜったい)がぶ厚く、舌に歯形がつきやすい


■タイプ1のあなたは:気虚(ききょ)

タイプ1にチェックが多かった人は、「気」が不足しています。
エネルギー不足で、体力がなくすぐに疲れてしまいます。気分も落ち込みやすく、どことなく憂鬱です。免疫力も落ちているため、風邪やインフルエンザにかかりやすくなっています。「気虚」の人は代謝が低いため、痩せづらく太りやすい状態に陥ってしまいます。
不足した「気」を補うためには、まずは規則的な生活習慣が必要不可欠です。十分な睡眠、栄養バランスのいい食事をしっかり摂りましょう。そして消化機能が落ちているため、温かくて消化の良い食べ物を食べて身体の内側からしっかり休めましょう。


■タイプ2のあなたは:気滞(きたい)

タイプ2にチェックが多かった人は、「気」の循環が滞っています。
エネルギーは充実していますが、その巡りが悪いためなんとなくムカムカしてしまいます。気持ちもイライラしたりと神経質です。ストレスで甘い物をドカ食いしてしまったりしていませんか? 食欲のコントロールが難しいのも、「気滞」の悩みの種です。
「気」の循環を良くするためには、ストレスをためないことが重要です。身体が緊張・興奮した状態が続いているので、うまくリラックスできるように心がけましょう。


■タイプ3のあなたは:血虚(けっきょ)

タイプ3にチェックが多かった人は、「血」が不足しています。
全身に栄養を運んでくれる血液が足りないため、肌や爪、髪の毛などが栄養失調でかさかさ・ボロボロになりやすいです。貧血ぎみでめまいがしたり、疲れやすい方は「血虚」を補ってあげる必要があります。
不足した「血」を補うためには、血液を作る食材をたくさん食べるのが良いでしょう。ヒジキ、レバー、プルーンなど、黒い食材を多く取り入れる事で全身に栄養が巡りやすくなります。血虚は不妊症の原因にもなり兼ねないので、しっかりと体質改善していくことが重要です。


■タイプ4のあなたは:瘀血(おけつ)

タイプ4にチェックが多かった人は、「血」の循環が滞っています。
血流が悪いため、顔色が黒っぽく血色が悪いです。目の下のクマや、あざができやすいのも特徴です。肩こり、首のこり、腰痛の方も多いでしょう。生理痛がひどく、生理にレバーのような塊が出てしまうことも。
「血」の循環を良くするためには、規則的な生活習慣に加えて適度な運動が大事になります。全身の血液を巡らせてあげることで、身体がすっきりしていくでしょう。毎日の入浴とマッサージも非常に効果的です。


■タイプ5のあなたは:陰虚(いんきょ)

タイプ5にチェックが多かった人は「水」が不足しています。
人間の身体は基本的に60%が水で構成されていますが、年齢が上がるにつれて徐々に水分量が減ってきます。つまり「陰虚」の人は、残念ながら老化が始まっているということになるでしょう。肌の弾力が失われ、しわやたるみの原因になってしまいます。また、髪の毛のツヤも失われ、全体的にパサついた印象を与えてしまうことも。
不足した「水」を補うためには、ただ単に水分摂取量を増やすのではなく、水分をたっぷり含んだ食材を摂ることが効果的です。旬の果物や野菜を積極的に食べ、若々しい外見をキープするようにしましょう。辛い食べ物も身体に合わないので、避けるのが無難です。


■タイプ6のあなたは:水毒(すいどく)

タイプ6にチェックが多かった人は、「水」の循環が滞っています。
水分代謝が悪いため、全身が冷えてむくんでいます。現代女性に多く見られる体質です。人によっては関節痛があったり、アトピーや花粉症などのアレルギー症状が出やすいのも特徴です。
「水」の循環を良くするためには、適切な水分補給と適度な運動が重要です。全身の巡りを良くし、身体のデトックス機能を向上させましょう。


あなたはどのタイプだったでしょうか。不調の原因を確認し、体質を改善して「気・血・水」のバランスのとれた健康的な毎日を送りましょう。


(森田 博美)

【あわせて読みたい】
溢れだすその前に…!体に溜まった毒素を排出・浄化させるポイント2つ
肌荒れや不調は「漢方」で治そう!元気と潤いを補う生薬6つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方
ダイエット・美髪に◎!欧米で話題「アマランサス」の食べ方
お米屋さんが伝授!「酵素玄米」の効果と絶品炊き方レシピ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら