LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

二重アゴも解消!たるみをキュッと引き上げる頭皮ケア術3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ほうれい線や二重アゴが気になって、頑張ってスキンケアをしているのに、なかなか効果が実感できない! と思っている人は意外に多いのではないでしょうか? 実は顔のたるみは頭皮のたるみに関係しているので、頭皮ケアをせずに放置したままだと、何も解決しないかも。
そこで今回は、老け顔の印象を与えるイヤ〜なたるみ肌をキュッと引き上げる頭皮ケア術をご紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■頭皮とたるみの関係性とは

頭皮の皮膚は顔の皮膚と1枚で繋がっています。年齢を重ねるにつれて筋肉が衰退することにより頭皮がたるみ、その結果、顔にまで影響が出てしまうのだとか。
毎日鏡を見てチェックできる場所ではないので、気が付いたらダメージだらけで老化が進行していた! なんてことも。そうならない為にも今すぐ出来るたるみを引き上げる方法をまとめました。


■たるみをキュッと引き上げる頭皮ケア術3つ


(1)スカルプケア

オイルや頭皮用のクレンジング剤を使用して行うスカルプケア。頭皮は髪で覆われていますが、バリア機能が低く、紫外線、汗や皮脂、ワックスやスプレーなどの整髪料やドライヤーの熱などにより、多くのダメージを受けています。放置しておくと、頭皮トラブルの原因になりかねません。
肌と同じように、頭皮にもスペシャルケアを施してあげましょう。できれば、スカルプケア専用のアイテムを使用することをオススメしますが、椿油やホホバオイル、オリーブオイルなどでも可能! 頭皮になじませてマッサージして洗い流すだけで、地肌を健康に保つことができます。リフトアップ効果だけでなく、髪も美しくなりますよ。


(2)側頭筋をマッサージ

鏡を見ながら、両耳の上部(こめかみ周辺)を引き上げてみると、顔全体が引きあがり、ホウレイ線が薄くなりませんか? その部分が側頭筋。側頭部は、頬の筋肉とつながっているため、ホウレイ線や二重アゴに深く影響します。頭皮全体をマッサージするより効率的にリフトアップ効果を得るには、この筋肉をマッサージすること。手のひらや指先を使って、グルグルと揉みほぐしましょう。たったこれだけですが、侮ることなかれ。リフトアップだけでなく、生え際の抜け毛や薄毛予防にもなりますよ。


(3)ブラッシング

一番手軽にできる頭皮ケアとも言えるブラッシング。毎日ブラシを通すと、付着したホコリやフケなどの汚れを落とすことができ、心地よい刺激を与えることにより、頭皮の血行も促進されるため、地肌を健やかに保つことができます。その際は、ブラッシング専用のブラシを使うこと。
目が細いクシや、金属製のもの、ナイロン製のブラシですと、静電気を引き起こしたり刺激が強すぎたりするのでNG。マッサージ効果のあるパドルブラシや猪毛ブラシなどが理想的です。
ブラッシングするタイミングは、シャンプー前が◎です。頭皮に付着した皮脂や老廃物の汚れを浮きやすくなり、洗浄効果が上がります。


いかがでしたでしょうか? たるみを解消するためには頭皮ケアが必須! どれも毎日簡単に続けられる方法ばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね。


(山本 朱美)

【あわせて読みたい】
溢れだすその前に…!体に溜まった毒素を排出・浄化させるポイント2つ
もう疲れ目なんて言わせない!3分で出来るぱっちり目マッサージ法

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
秋冬30代・40代におすすめ!美容家が選ぶ「ツヤ肌化粧下地」5つ
肌が若返る!?「ミトコンドリア」を増やす&活性化させる方法4つ
ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ

【参考】
たるみナビ – 高須クリニック
女性の薄毛はどうすれば予防できるの? – アンファースカルプDボーテ
女性の頭皮に効果的なオイルの使用方法とは? – アンファースカルプDボーテ
頭皮ケアでエイジングケア – ココパーム
側頭部と口元のマッサージで「ほうれい線」を撃退 – 日本経済新聞
ツヤ髪に導く ラ・カスタ式 ブラッシング – ラ・カスタ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング