LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

ニキビ跡・クマ隠しも完璧!コンシーラー使い分け術

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

日頃、コンシーラーは何種類使っていますか?
「えっ、そもそもコンシーラーってそんなに種類あるの?」という方が多数だと思います。でも実は、隠したいゾーンによってコンシーラーを使い分けた方が、カバー力はUPします。今回はゾーン別使い分けと、お悩み別使い分けをおさらいしましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

◼︎コンシーラーの種類

●リキッド・筆ペン・・・容器にチップ棒がついている液状のものや、筆のような形の先端でカチカチとオシリをダイヤルのようにまわすと液が出てくるタイプ。カバー力は弱いですが、やわらかい液状なので肌なじみがよく、伸びやすいのが特徴です。皮膚をよく動かす目の下やほうれい線に使いましょう。比較的、広範囲使いに適しています。

●スティック・・・硬めの棒状タイプ。皮膚があまり動かない場所の濃いシミやニキビあとに使いましょう。カバー力は高め。直接塗っても、指先につけてちょんちょん塗りでもOK。

●クリーム・・・やわらかく肌なじみがよいクリームタイプ。小鼻の赤みや口元の輪郭直しにおすすめです。チップで乗せたら指でポンポンぼかしていきましょう。

●パレット・・・チップや筆で塗るタイプ。何色か入っているので、混ぜる事によって自分の好みの色を作ることが出来ます。部分によって色を作り変える事が可能。

●ペンシル・・・スティックタイプと同じように、硬めの棒状タイプ。先が細いので、ピンポイントでシミをカバーしたいときに便利です。


◼︎コンシーラーの選び方

それぞれのカバー力の強さは以下の通り。固形になるほど、カバー力が強くなります。

ペンシル > スティック・パレット > クリーム > リキッド

コンシーラーの選び方は、どの部分にカバーをしたいかが一番の決め手です。たとえば、頬やおでこにあるシミを隠したい、ファンデーションだけじゃカバーしきれない、という場合は、ファンデーションのあとにスティックコンシーラーをシミに塗ります。そばかすなどの小さいシミには、ピンポイントで乗せることが出来るペンシルタイプがおすすめ。

●シミ・ニキビ跡・・・濃いシミや赤みのニキビ跡など、しっかり隠したいものにはカバー力の強いスティックタイプがよいでしょう。

●クマ・・・目の下は皮膚の薄い部分でよく動かすところでもあるので、伸ばしやすいクリームやリキッドタイプがおすすめです。クマの種類によって適切な色味を選びましょう。
<血行不良や寝不足による青クマ>オレンジのコンシーラー
<シミ、くすみ、色素沈着による茶クマ>イエローコンシーラー

●小鼻の赤み・口角・・・この部分もよく動かすところなので、やわらかいクリームタイプがフィットします。筆などでつけるとなじみやすいです。


◼︎コンシーラーをつける順番

・下地→リキッドファンデーション(クリームファンデーション)→コンシーラー→フィニッシュパウダー

・下地→コンシーラー→パウダーファンデーション

上記のように、使っているファンデーションの種類によってコンシーラーの順番が変わってきます。


コンシーラーを使って、シミのないお肌美人を目指してみるのもいいですね。ただし、やり過ぎて厚化粧にならないように注意してください。


(藤田裕美)

    【あわせて読みたい】
    あなたのクマは青・茶・黒?タイプ別クマ隠しのポイント
    お疲れ顔、老け顔を卒業!クマを上手に隠す正しいコンシーラの使い方

    【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
    プロおすすめ!30代・40代こそ「優秀リキッドアイシャドウ」3選
    お呼ばれも◎!30・40代の「大人可愛いまとめ髪」セルフヘアアレンジまとめ
    プロ直伝!「30代・40代におすすめチーク」3選&色の選び方
    30代・40代にピッタリ!「三つ編み大人アレンジ」のまとめ髪
    洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

    Facebookでシェアする

    Twitterでシェアする

    メイク・ファッションの最新記事はこちら