LBR LIFE&BEAUTY REPORT

女子の美肌づくりを応援するWebマガジン LBR

生理前の止まらない食欲に…!食べてもOKなもの3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

むくみやイライラなど、さまざまな症状で現れる「PMS(月経前症候群)」。なかでも、多くの方が生理前の「過食」に悩んでいるのではないでしょうか? 無理に我慢するのもストレスですが、食べ過ぎてしまって自己嫌悪になってしまのも辛いですよね。そんな時は、「バナナ」・「チーズ」・「プルーン」を食べると、ホルモンバランスを整えるサポートになるようですよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■PMSをケアする栄養素3つ

(1)ビタミンB6

「ビタミンB6」は、生理前に分泌が減少する「エストロゲン」の代謝に関わるビタミンで、女性ホルモンのバランスを整える働きがあります。

(2)鉄

女性に欠かせないミネラルのひとつ「鉄」。鉄分は、ハッピー物質とも呼ばれる「セロトニン」の合成にも関わるミネラルで、マサチューセッツ大学の研究によれば、鉄を多く摂取してる人ほどPMSの発症が少ないという結果も出ているのだとか。

(3)トリプトファン

PMSの原因はさまざまですが、セロトニンが減少することも一因と考えられています。昭和大学の長塚准教授によれば、セロトニンの合成に必要な「トリプトファン(必須アミノ酸)」がない食生活によって悪化するそうですから、積極的に摂って◎。


■PMSによる過食に!食べてOKな食べ物3つ

●バナナ

バナナのビタミンB6の含有量はフルーツの中ではダントツ。また、フルーツには殆ど含まれていないトリプトファンも含まれています。 さらに、食物繊維も豊富でPMSによる便秘が気になる方にもおすすめです。

●チーズ

牛乳が濃縮されたチーズは、少量で多くのトリプトファンが摂れる便利食材。ハード系チーズほど栄養が凝縮されていますから、小腹が空いたらチーズを食べてみて!

●プルーン

鉄分が多いことで有名なプルーン。プルーンには、鉄が身体に吸収されやすい形に変換される際に必要なビタミンCも含まれていて、効率よく鉄を摂ることのできる食材です。 しっかりとした甘味があるのに、糖質が少なくダイエット中でも安心!


PMSは、イライラがイライラを呼んでしまうこともあります。お腹が空いたらPMSをケアするおやつを食べて、リラックスして過ごしたいですね。


(岩田麻奈未)

【あわせて読みたい】
3日遅れたら要注意!生理を遅らせる原因3つ毎日のランニングが原因に…!?妊娠以外で生理が遅れる原因5つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ
スプーン1杯!混ぜるだけで栄養バランスを整える「ヘンプシード」の食べ方
ブルーデーを「デトックス期間」に!生理10日前から摂るべき食べ物4つ
ブーム必至!?ダイエット・美肌づくりに◎「フルーツ麹」の作り方
美肌もダイエットも!?話題のスーパーフード「チアシード」戻し方・食べ方

【参考】
PMSを和らげるビタミン・ミネラル – テルモ
鉄分を多く摂取すると月経前症候群になりにくい – サン・クロレラ
婦人科疾患の診断・治療・管理 – 昭和大学長塚正晃(PDF)
バナナの栄養 – 日本バナナ輸入組合
チーズの栄養 – 明治
プルーンの栄養価 – カリフォルニアプルーン協会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

年代肌情報はウレハダへsponsored by Domohorn Wrinkle

ウレハダをもっと見る

Most Popularランキング