LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

美白キープのまま「野外フェス」を楽しむための日焼け対策4選!

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「野外フェス」は夏の代表イベントのひとつ。でも、野外だとどうしても日焼けが気になりますよね。そこで、日焼けから身を守るための対策法をご紹介。「首にタオルを巻く」「日焼け止めサプリを飲む」「スプレータイプの日焼け止めを持って行く」「パイル地のフード付きポンチョを羽織る」の4つの対策がオススメです!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

◼︎野外フェスでも素肌を守る4つの日焼け対策!

(1)首にタオルを巻く

女性ランナーなどが、よく首にタオルをかけて走っていますよね。首にタオルをかけると、素早く汗がふけるだけでなく、首の後ろの日焼けを防ぐこともできます。ふわふわとしたパイル地のタオルなら、女性らしさもあって可愛いですよ。


(2)日焼け止めサプリを飲む

ついつい塗り忘れてしまう日焼け止めも、日焼け止めサプリを飲んでおくと安心です。飲み方は簡単。日光の当たる30分前に1カプセルを飲みます。効果は4〜5時間持続し、それ以上日光にあたる場合は4〜6時間後にもう1カプセルを追加。塗る日焼け止めと併用すると、さらに日焼けを防げます。飲むタイプの日焼け止めは、これからのバカンスシーンなどにも活用しそう。


(3)スプレータイプの日焼け止めを持って行く

長時間外にいる野外フェスでは、日焼け止めの塗り直しができないのが難点。スプレータイプの日焼け止めなら、メイクをした後に顔に吹きかけられ、手の届かない所にもスプレーできます。髪の毛にも使えるタイプのものを選べば、日焼けによるヘアダメージも防いでくれますよ。


(4)パイル地のフード付きポンチョを羽織る

フェスでは日傘をさせないので、日光を防ぐにはフード付きのポンチョを羽織るのがオススメ。首の後ろが焼けてしまう心配もなく、パイル地のポンチョなら、汗も吸収してくれますよ。


せっかくの野外フェスで「焼けちゃった〜」と後悔しないように、日焼け対策をばっちり行い、イベントを楽しみましょうね!


(佐藤彩香)

【あわせて読みたい】
絶対に焼かない!レジャーにおすすめな敏感肌専用日焼け止め4選
虫刺されや日焼けに注意!屋外で遊ぶときの「アウトドア美容」まとめ 

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら