LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

うねり髪や朝の爆発ヘアに!サラっとまとまる美髪をつくる方法3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

もうすぐ梅雨の季節の到来ですね。毎年この時期から夏の終わりまで、髪がうねってダメージが目立つから憂鬱……と思い悩んでいる方も多いのでは? そこで今回は、湿気の多いシーズンでもサラサラ髪をキープできる方法をお伝えしたいと思います。ポイントは、根元から乾かす事とブローの仕方、仕上げにアウトバストリートメントを使用する事ですよ!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■サラっとまとまる美髪をつくる方法3つ

(1)根元からブローが鉄則!

スタイリングのカギとなるのは、毛流れを決める根元。バスタイム後は、濡れているうちに乾かし始める事が大切です。まずは、髪を後ろ(後頭部)から前に流し、えり足をしっかり乾かします。えり足が乾いたら、髪を元に戻し、毛の流れに沿って頭の上からドライヤーの風を当て、キュークルを整えましょう。毛先が傷んでいるからと下から上に風を当てると、さらにバサバサ髪になってしまうので気をつけて!

(2)髪をひっぱるようにブロー

髪を収まり良く、まっすぐストレートにするためには、手やブラシでひっぱるようにまっすぐ伸ばしながら、ブローをするのがポイント。その際もドライヤーの風を下から当てず、上から当ててキューティクルを整えるようにしましょう。また、キューティクルは、温めると開き、冷やると閉じる性質を持っているため、ブローの最後に冷風を髪全体に当ててあげましょう。うねりが真っ直ぐになるだけでなく、ツヤもUPします。

(3)アウトバストリートメントで仕上げる

しっかりブローをしても、外気に負けてしまっては意味がありませんよね。この時期こそ仕上げに、アウトバストリートメントやスタイリング剤を使用し、しっかりとコーティングをしてあげましょう。ポイントは、水に強いヘアオイルやハードスプレーを使用する事。毛先の広がり予防にも効果を発揮してくれますよ!


ロングになればなるほど、つい手を抜いてしまいがちなブローですが、髪の美しさを保つにはマスト! さっそく今日から始めてみましょう。


(山本朱美)

【あわせて読みたい】
美髪を育てる秘密はブラッシング!使うだけでサラサラを叶える珠玉のヘアブラシ3選
髪にも「ベースメイク」が必要!? 美人髪になるための悩み別ベースケア

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
「ニコッと笑っちゃ」ダメ!?プロ直伝、30代流チークの入れ方・選び方
お呼ばれも◎!30・40代の「大人可愛いまとめ髪」セルフヘアアレンジまとめ
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
30代チークに「アンパンマン」!?たるみ知らずのリフトアップ風メイク術

【参考】
ヘアケアと地肌ケアの知識 – 花王
気になる髪のうねり、うまく直せてる? – リーゼ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ボディケア・ヘアケアの最新記事はこちら