LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

肌のザラザラ汚れには「除去」で対策!除去化粧品を極めよう

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

過ごしやすく、爽やかな風が吹くこの時期。とても気持ちがいい反面、実は風に乗って飛んでくる塵や埃が、肌汚れを引き起こすのを知っていますか? そんな肌汚れには「除去」がポイント! そこで、「除去化粧品」の正しい使い方をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■肌のザラザラや黒ずみには除去化粧品が欠かせない!

この時期、意外と風が強い日もありますよね。肌に付着する塵や埃などは、汚れとなって肌のざらつきや毛穴の黒ずみを引き起こします。そこで活躍するのが肌の悪い物を取り除く機能のある化粧水やクリーム、マスクやパックなど。まだ用意していないのなら、この機会にぜひ手に入れてみて!

■除去化粧品の種類

目に見えない肌汚れを取り除いてくれる除去化粧品。洗顔料やクレンジング剤はもちろん、スキンケア時に利用する化粧水やクリーム、マスクやパックなども含まれます。意外と持っていないアイテム。その機能をチェックしてみましょう。

●ふきとり化粧水

洗顔では落ちにくい、積み重なった古い角質や毛穴に詰まった角栓、余分な皮脂などをふきとって取り除くための化粧水。硬くなった角質をやわらかくする成分が入っている場合もあります。

●除去マスク・パック

マスクやパックに、取れにくい汚れを付着させて落とします。クレイパックやピーリング効果のあるマスクなどが代表的です。

■“やさしく”がポイント!除去化粧品の使い方

除去化粧品は、次の手順で使います。注意点も合わせてチェックしておきましょう。

●ふきとり化粧水

洗顔後、コットンにたっぷり染み込ませて顔全体をやさしくふきとります。顔の中心から外へ向けて、下から上に向けて、なじませるようにやさしく行うのがポイント。肌のザラつきや黒ずみが気になる小鼻などは、特に丁寧になじませましょう。ゴシゴシこすり落とそうとするのは避けてくださいね。

●除去マスク・パック

洗顔後、水気をしっかりふきとったら、目と口の周り以外の顔全体に、マスクやパックを施します。3~5分放置したら、水やぬるま湯でやさしくマッサージしながら洗い落としましょう。このとき円を描くようにするのがポイント!

今の季節だからこそ、つきやすい余分な汚れは、肌に負担をかけないように気をつけながら、スッキリ落としてしまいましょう!


(LBR編集部)

【あわせて読みたい】
今すぐ見直して!透明美肌をつくる「正しいスキンケア」
「もう、どうにかしたい…!」しつこい大人ニキビの解消法まとめ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは
背中やお尻のブツブツ・ザラザラ・乾燥対策に!ボディケア保存版
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
美しい肌を保つためには?(2) 悪影響を「取り除く」スキンケア – 資生堂
薬用ローションの使い方 – 小林製薬
※川島眞著(2014)『美肌の教科書~「最新皮膚科学」でわかったスキンケア84の正解~』(主婦と生活社)
使用方法・使用ステップ – ロート
ルミナイジング クレイ – イプサ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら