LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

「うたたね」や「寝酒」もダメ!睡眠の質を低下させているNG行動3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

季節の変わり目は不調が起こりやすいもの。「5月病かな?」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、良い睡眠がとれていないことが原因になっていることも。「うたたね」、「運動」、「お酒」が、あなたの睡眠の質を下げているかも知れません。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■睡眠の質を下げるNG行動3つ

(1)うたたね

私たちの睡眠リズムは体内時計だけでなく、体温の変化も深い関わりがあると言われています。睡眠専門クリニック「RESM新横浜」院長の白濱医師によれば、私たちの身体は、起床から約12時間後に最も体温が高くなり、夜にかけて徐々に低下することで自然な眠気が訪れるようになっています。
そのため、夕方以降に“うたたね”をしてしまうと、上がるはずの体温が上昇せず、夜になっても体温が下がらないため、寝つきが悪くなってしまうのです。

(2)運動

身体を動かすのは良いことなのですが、就寝前に激しい運動をしてしまうと体温が上がりすぎ、また交感神経が刺激され興奮して寝つきが悪くなってしまうそう。逆に、就寝1時間前にストレッチなどのリラックスできる運動をすることは、適度に体温が上がり、副交感神経の活動も妨げず質の良い睡眠につながるそう。

(3)お酒

お酒を飲むと寝つきは良くなるかもしれませんが、睡眠の質には逆効果。アルコールが分解される際に作られる「アセトアルデヒド」という物質は、浅い眠りの「レム睡眠」を抑える効果があるのですが、その反動で、睡眠の後半にレム睡眠が続いてしまい、寝ている途中で目が覚めやすくなってしまうそう。アルコールは就寝3時間前までにし、酔いが覚めてから眠る習慣をつけましょう。


睡眠時間は足りているのに、なんだか疲れがとれない……と言う方は、就寝前の過ごし方に気を付けてみてはいかがでしょうか。


(岩田麻奈未)

【合わせて読みたい】
お肌のゴールデンタイムは22時からじゃない!?睡眠美容の質を高める食べ物2つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ
シミ・しわに対抗?ノーベル賞受賞成分「フラーレン」と「EGF」とは
背中やお尻のブツブツ・ザラザラ・乾燥対策に!ボディケア保存版
小顔の秘密は頭皮にアリ!?リフトアップのマッサージ法

【参考】
アルコールと睡眠の関係 – SASnet
春は睡眠リズムが乱れがち!!2人に1人が現状に不満を感じ、9割弱が改善を希望 – ウーマンウェルネス研究会(PDF)
快眠と生活習慣 – e-ヘルスネット
睡眠トリビア – エスエス製薬

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング