LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

美容家が伝授!忙しい日々を心地よくする7つのビューティーメソッド

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

先日、都内で開催された“Girls’s Beauty Nigth Party”に参加してきました! イベントでは、コスメや食品、雑貨などのタッチ&トライブースの他、トークショーも開催されました。
今回は、日本すっぴん協会会長の岡本静香さんが、トークショーでお話しされていた“すぐに役立つ7つのビューティーメソッド”を、みなさんにもご紹介したいと思います。

11007520_828501103876832_1823604943_n


岡本静香さんの「ビューティーメゾット7」で心地よい毎日に

(1)時間のない朝にするべきはスキンケアと眉メイク

時間のない朝は、つい肌メイクに時間を使いがち。しかし、スキンケアが充分にできないとファンデーションのノリが悪くなってしまったり、日中に崩れてしまいます。そうならない為にも、朝はまず“スキンケア”を重点的にやることが大切なんだとか。とにかくしっかり保湿して、潤わせること。1パーツだけメイクをするとしたら「眉尻を描く」のだそうです。


(2)肌の状態に合わせてその日のスキンケアを選ぶ

「スキンケアをころころ変える、というのではなく、その日の肌にもっと着目してほしい」と話す岡本さん。肌の状態はいつも違うので、その日の調子でスキンケアアイテムを選んでいるそうです。自分の肌の状態をよく理解して自分と向き合うことが、きれいな美肌作りの一歩になるのですね。


(3)毎日できるヘアアレンジを見つける

1、2分でできる楽ちんヘアアレンジを2つくらい見つけること。テクニックいらずの大ぶりのバナナクリップなど、お気に入りのヘアアクセサリーを持つことがオススメなんだそうです。


(4)ナチュラルメイクは全パーツ少しずつ!

岡本さんにとってのナチュラルメイクは、“全パーツにメイクすること”。全てしっかりメイクするのではなく、少しずつ全パーツにメイクをして仕上げるんだそうです。肌メイクには下地、コンシーラー、パウダーを。コンシーラーでクマを隠すポイントは、クマの境目に塗ること。そうすると、錯覚で境目が目立たなくなるんだそうです。


(5)オフィスのメイク直しは朝の元気な顔が続くコスメを!

持ち歩き専用のポーチを用意しましょう。ポーチを軽くするのに役立つのは、ペンシル系のコスメたち。筆タイプのコンシーラー、リップ、チーク、眉ペンは絶対に持ち歩くそうです。メイク直しには、筆タイプのコンシーラーを。口元のくすみをオフして明るい印象に。


(6)デートにプラスする恋コスメたち

「男性はナチュラルメイクが好きな人が多いので、デートは無理して新しいメイクに挑戦するのはやめましょう。冒険しないメイクの方が自分の心も落ち着くはず。」デートは背伸びせず、自分が心地よいメイクで臨みましょう! リップは保湿をしながらうるうるになるものを。そしてお肌はたっぷり潤わせ、ハイライトで光をプラスしてあげましょう。


(7)忙しい生活を“心地よい毎日”に

「心地よい」と自分の心が感じる方向を意識すると、生活がしやすくなります。岡本さんは6時に起きて、朝にしっかりスキンケアをして有意義な時間を過ごすと、心地いいのだそう。 “今、美容をしていて楽しいな”というわくわくした感覚を大切に、そういった心地良い時間を上手く活用することが大切なのですね。


岡本静香さんのトークショーでは美容のことだけではなく、日々の暮らしを豊かさせる生活の秘訣も教えていただきました。ちょっとした意識で私たちも簡単に取り入れられる方法なので、ぜひ実践してみて! 日々の美容ライフを充実させていきましょう。


(佐藤彩香)

【関連記事】
「スハダ力」高めたい人必見!すっぴん美人が伝授する美肌習慣のヒント

【参考】
日本すっぴん協会

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング