LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

食べる美容液!?アーモンドの知られざるビューティーパワー

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

1月23日は「アーモンドの日」。なぜ1月23日かというと、1日23粒のアーモンドを食べることで、成人女性が1日に必要なビタミンEを摂取することができることから、カリフォルニアアーモンド協会がアーモンドの日としたそう。アーモンドには、美肌作りに大切な栄養素がギュッと詰まっていますよ。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■食べる美容液!?アーモンドのビューティーパワー5つ

(1)冷え取りに

抗酸化ビタミンとして有名なビタミンEですが、ビタミンEには、毛細血管を広げる作用や血液をサラサラに保つ作用があるため、末梢部の血流の改善をサポート。手足の冷えはもちろん、毛細血管まで血液が届くことでお肌の細胞にも酸素と栄養が届けられます。


(2)腸内環境美化に

アーモンドは、食物繊維が豊富。その含有量は、ゴボウの約2倍! また、緩下剤(カンゲザイ)としても使用されるマグネシウム、筋肉の動きをスムーズに保ち、腸の動きをサポートするカリウムなどのミネラルも豊富に含まれ腸内環境美化に◎。


(3)老け顔予防に

アーモンドには、食後の血糖値の上昇を穏やかにする効果が認められています。食後、エネルギーとして使われなかった糖が、コラーゲンなどのタンパク質と結合して起こる糖化。糖化した細胞は茶褐色の弾力のない細胞となってしまうため、お肌のくすみやほうれい線ができる一因となってしまいます。慶應義塾大学の井上教授によれば、アーモンドには、糖とタンパク質が結合するのを抑える効果があるそうですから、若くても油断できない糖化対策におすすめ。


(4)プニ肉予防にも

血糖値の上昇が穏やかになることで得られるもう一つの嬉しい効果が、プニ肉の予防。血糖値を下げるために分泌されるインスリンには、脂肪の分解を抑制し、糖が脂肪細胞に取り込まれるのを促す働きがあるため、血糖値が高くインスリンが多く分泌されれば、それだけ脂肪が貯蓄されてしまう可能性が高くなってしますから、アーモンドは、プニ肉対策にもおすすめ。


(5)空腹感もダウン!?

オーストラリアとアメリカの大学の共同研究によれば、アーモンドを間食に食べることで、空腹感が抑えられ、その後の食事量が減るそう! また、アーモンドに限らずナッツを1日16g以上食べる人は、BMI(ボディマス指数)が低いことが判っていますから、おやつを食べるならアーモンドを選んで正解!


■アーモンドの選び方

アーモンドを選ぶ時は、砂糖・塩分・油分の使われていない「素焼き」もしくは「生」アーモンドを選びましょう。素焼きアーモンドは、コンビニでも買うことができます。冷え取りにも美肌作りにもおすすめのアーモンド。1日23粒のアーモンドを習慣にしてみてはいかがでしょうか。


(岩田麻奈未)

【関連記事】
生とローストどっちが良いの?ナッツの比較と注意点

【参考】
わたしも23粒のアーモンドで - カリフォルニアアーモンド協会
成分情報 ビタミンE – 株式会社わかさ生活
インスリンはどのような役割? - 糖尿病がよくわかるDMTOWN
※白澤卓二監修(2014)『ナッツダイエット: おやつOK! お酒OK! なのにヤセる!』主婦と生活社
※あさイチ 2014年5月30日放送 – NHK

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら