LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

1回でも効果を実感!赤ちゃんようなモチモチ肌になれる酒粕パックの活用方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

日本酒を扱う職人さんは、透き通るように美しい柔肌の持ち主であることは有名な話。その秘密は、日本酒よりも美肌効果が高いと言われている「酒粕」にあるんだとか。そこで本日は、酒粕パックで美肌を手に入れちゃう方法をご紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■酒粕パックの美肌効果

酒粕には、お酒を作る過程で溶けきれずに残った、アミノ酸やビタミン、酵母などが多く含有されているので、栄養価が高く美肌効果に優れていることが特徴。シミやソバカスの原因となるチロシナーゼの働きを阻止する注目の美白成分「アルブチン」や、メラニン色素の生成を抑制する「コウジ酸」、抗酸化作用が高い「フェルラ酸」などが含まれているので、肌質を向上させワンランク上の肌へと導いてくれます。また、肌をしっかりと保湿し、肌表面の血行を促進するため、毛穴を開かせて奥底に溜まった汚れを除去してくれる効果も。


■酒粕パックの活用方法

そんな効果の高い酒粕なら使わないワケにはいきません! そこで、1回使用しただけでも透明感や柔肌感を実感できるといわれている酒粕パックの活用方法をご紹介したいと思います。

【材料】

・酒粕 100g

・精製水 100cc

・小麦粉 小さじ2杯

すり鉢に酒粕を入れて滑らかになるまですります。精製水を加えてよく馴染ませて、小麦粉を少しずつ加えてダマにならないようしっかりと混ぜます。ゆるすぎると肌に乗らないので、小麦粉の量を調整しましょう。洗顔後に顔全体に塗布し、酒粕が乾いたら(10〜15分程度)洗い流します。筆者自らの体験談では、洗い流した後すぐに吸い付くようなモチモチした柔肌を実感できます。使用を続けるとくすみが一掃されて透明感が増し肌のキメが整いました。


■酒粕パックの注意点

敏感肌さんでも問題なく使えるのが酒粕パックですが、天然素材のため、腕の内側などでパッチテストをしてから使用してください。また、パックに使う酒粕は銘柄がはっきりしないものをチョイスしないよう気をつけましょう。


日本古来から伝わり、伝統の発酵食品とも言える酒粕には栄養価がいっぱい。とってもリーズナブルで効果抜群なので、試してみる価値がありそうですよ!


(山本 朱美)

【関連記事】
日本酒で美肌効果!?たるみ改善に期待のIGF-Iとは?

【参考】
酒粕のチカラ – 大関株式会社 
酒粕ってこんなにスゴイ – 神亀酒造
酒粕の効果 – 株式会社水産堂
※風本真吾著『お医者さんが教える「3日でヌード肌」4日目の朝、あなたは超美肌美人』(だいわ文庫)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら