LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

どんな肌悩みにも効く!ヒートショックプロテインで美肌力を底上げしよう

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

HSP配合の化粧品が発売されるなど再び注目を集めているHSP(ヒートショックプロテイン)。どんなものかご存知ですか? 今回は、ウィークポイントを見つけて修復する働きがある!?というHSPについてご紹介します!

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■弱った部分を見つけて元気に!ヒートショックプロテインのパワー

「20代までは傷がすぐ治ったのに、最近は跡がなかなか消えないな……」と思ったことありませんか? それは、もともと身体に備わっている自己回復能力が弱まっているのが原因。そんな自己回復能力を呼び覚すのが「HSP」というたんぱく質です。そもそも、私達の身体のあらゆる組織はたんぱく質でできています。健康でいるためには、このたんぱく質が正常に働いている必要があります。でも、残念ながら体内のたんぱく質は傷つきやすく、ストレスや気温の変化などで、正常な働きができなくなってしまうデリケートな存在。そんな傷のついたたんぱく質を修復する、たんぱく質が「HSP」です。つまり、日頃から体内の「HSP」を増やして自己回復能力を高めておくことが、健康にも美肌にも重要になるというわけです。


■ヒートショックプロテインを増やすには入浴が効果的

そんな、健康にも美容にも重要な役割を果たす「HSP」をてっとり早く増やすには、何より身体を温めること。体温より5℃以上熱い、42℃前後のお湯に入浴すると、たくさんの「HSP」が生まれ傷ついたたんぱく質の修復ができるそうです。ただし、熱いお湯に無理して長時間入るのはNG。諸説がありますが、10分を目安に肩までつかってよく身体を温めるだけで十分効果は得られるそうです。

体内の「HSP」を増やすことは、シミやシワ、たるみなどのエイジングケア効果も期待できる上、免疫力が高まることで風邪予防にもなるそうです。ぬるめのお湯でゆっくり半身浴をしていた人には、ちょっと意外かもしれませんが、「HSP」の増加を目指すなら、少し熱めのお湯に短時間が基本! 寒さが厳しくなる冬がくる前に、HSPを増やして体調を万全に整えておきたいものです。


(LBR編集部)

【関連記事】

肉、魚、乳製品、大豆…いろいろあるけれど小顔になれるのは●●のタンパク質!

【参考】

ストレスが美と健康を生み出す!? キレイの源“HSP”! – ロート製薬

オルビスユー特集 – オルビス

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

スキンケアの最新記事はこちら