LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

体幹を鍛えると美肌になれる?誰でもできる簡単体幹トレーニングのコツ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

「体幹トレーニング」と聞くと、私たちとは無縁なアスリート用のトレーニングとしてイメージしてしまいがちですが、実は肌を美しく保つ上で欠かせないものなのです。体幹の基礎と、日常生活で簡単に鍛えられる体幹トレーニングテクニックをご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■体幹って一体どこを指すの?

体幹とは、その名の通り身体の中心にある幹の部分で、頭と四肢を除いた「胴体」のことを言います。この体幹部は、人間にとって重要な臓器を蓄える場所です。また、人の体重の6割は上半身にかかっているとされますが、その負担を支えるのが体幹部の筋肉なので、姿勢を安定させるためにも体幹部は大きな役割を果たしています。

 

■体幹を鍛えることによる美肌効果

臓器や姿勢を健やかに保つことは、言わずもがな、素肌を美しくするにあたって無くてはならないこと。内臓などの調子が悪いと肌荒れやくすみなどの原因になる上に、姿勢が安定しないことには、肩こりや頭痛を引き起こしたり、身体の歪みの元になってしまいます。したがって、内臓の不調や姿勢が気になる場合は、体幹を鍛えることを考えてみるのも良いかもしれません。さらに、体幹を鍛えて筋肉量を増やすことで、基礎代謝が上がり、ダイエットや冷えの改善になるという嬉しいメリットも。

 

■日常生活で体幹を鍛えるコツ3つ

体幹を鍛えるには、ヨガやピラティスといった運動が効果てきめん。でも、毎日やっていると大変……。そんな時には、日常生活でも簡単にできる体幹トレーニングがおすすめです。

1:歩く時の歩幅を広げよう

歩幅を大きく広げて歩くことで、腰回りを支える腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えることができます。脚をピンと伸ばしてリズミカルに歩けば、ますます効果抜群。

2:階段を1段飛ばしで

階段をのぼるときに1段飛ばしで上がるだけで、歩幅を広くしている時と同じく、腸腰筋のトレーニングになります。適度な負担をかけることができるので、駅の階段をのぼる際などには「1段飛ばし」を習慣にしてみては。

3:電車の揺れに合わせて身体をねじろう

通勤時に電車に乗る場合は、つり革に掴まりながら、揺れに合わせて体を自然にねじってみましょう。お腹周りを意識しながらねじることで、腹斜筋(ふくしゃきん)に程よい刺激を与えることができます。

一見、私たちには無縁な難しいものとして感じてしまいがちな「体幹」という言葉ですが、肌や身体を健やかに保つにはとても重要なもの。意識的に鍛えるようにしたいものですね。

(前田紀至子)

【関連記事】

女性らしさの鍵!日々の生活で骨盤力をUPする方法3つ

【参考】

1日10分で体が変わる!体幹トレーニングを始めよう – eo健康

eヘルシーレシピ – 第一三共株式会社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング