LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

美人は温かい!? 女性ホルモンを食べ物でグングン出す方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

女性ホルモンのうち、女性らしさを司る「エストロゲン」。美肌作りに欠かせない存在なのはもはや一般常識ですよね! でも、エストロゲンが“冷え解消”にも重要な存在だってことはご存じでしたか? 女子力がUPして、冷え取りにも効果があるエストロゲン。おさらいしてちゃっかりキレイになっちゃいましょう。

20140116iwata211

■エストロゲンのおさらい

女性ホルモンは女性らしさを作る大切なホルモン。美肌作りにも欠かせない存在です。生理前は、エストロゲン(卵胞ホルモン)よりプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が盛んになるため、皮脂分泌が盛んになりニキビなどの肌荒れに悩まされます。ところが、生理後には、自然とお肌の調子が良くなりますよね!? それは、月経~排卵までの間はエストロゲンの分泌が盛んになるからです。

 

■エストロゲン不足で血管がカチカチ、血液ドロドロに!? 

エストロゲンの働きは、お肌を綺麗にするだけではありません。血管をしなやかに保ち、コレステロールのバランスを保つという大切な役割を果たしています。つまり、エストロゲンが不足すると血管が固くなり血行が悪くなるだけでなく、悪玉コレステロールが増え流れの悪いドロドロ血液になってしまうのです。血行が悪くては、冷えはもちろん、お肌の細胞まで栄養が届かず乾燥やシワに悩まされることになってしまうのです!

■エストロゲンの材料って何?

では、エストロゲンの分泌を盛んにするには、どうしたら良いのでしょうか?エストロゲンの材料はズバリ『コレステロール』です! 「コレステロールって身体に悪いんじゃないの?」と思うかも知れませんが、それは身体の中で『悪玉コレステロール』が増えてしまった時の話。食べた物のコレステロールがそのまま身体の中のコレステロールになるわけではありませんので、ご安心を!

■エストロゲンUPに効果的な食べ物&食べ方ポイント 3つ

・卵

ビタミンCと食物繊維以外の栄養素を全て含む「卵」。もちろん、女性ホルモンの材料となるコレステロールもたっぷりです。1日1個は食べましょう!

<食べ方ポイント>

卵は加熱すると卵黄に含まれるビオチンの吸収率がUPします。加熱するのが面倒!という方は、市販の温泉卵がおススメ。ゆで卵の場合は塩味が濃くついているものもあるので避けましょう。

 

・ゴマ

ゴマに含まれるポリフェノール「ゴマグリナン」は、「ファイト・エストロゲン」とも呼ばれ、体内でエストロゲンと似た働きをします。また、ゴマは鉄分も豊富で血液増量にも◎。

<食べ方ポイント>

ゴマは固い殻に包まれているため、そのまま食べても消化できません。必ず摩り下ろして使いましょう。摩り下ろしたゴマを携帯して、コンビニご飯も美人ご飯に変えちゃいましょう!

・大豆製品

大豆製品は、「大豆イソフラボン」の宝庫です。大豆は、イソフラボンだけでなく、サポニンやレシチンが含まれていて、悪玉コレステロールの生成を抑える働きがあります。

<食べ方ポイント>

大豆イソフラボンは水溶性。効率よく大豆イソフラボンを摂るには、蒸し大豆がオススメ。また、納豆には貧血予防に欠かせない葉酸が多く含まれていますから、貧血気味の方には納豆をおススメします。

血行促進は、美肌作りの大前提。コレステロールのバランスを保ち、血管をしなやかに保つエストロゲンは、美肌だけでなく冷え取りの強い味方だったのです! ますます魅力的なエストロゲン。毎日卵1個、納豆1パック、ゴマを携帯、この「三種の神器」でぽっかぽかな身体と美肌もゲットしちゃいましょう!

 (岩田麻奈未)

【あわせて読みたい】

大豆だけじゃない!食べるだけでエストロゲンがUPする食べ物とは?
「ホルモンバランスが乱れる」ってそもそもどういうこと?女性ホルモンの基礎知識

【参考】

※日経ヘルスプルミエ 2014冬号

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング