LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

食べたかったら我慢しない!美容にOKなスナック菓子って?

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ドライフルーツやナッツが美肌おやつと分かっていても、どうしてもスナック菓子が好き!と言う方もいらっしゃいますよね。そんな方には、ベビー用おやつがおススメです。なぜ、ベビー用が良いのでしょうか?もう一度、美肌と食べ物の関係についておさらいしてみたいと思います。

 20131010iwata143

■スナック菓子が美肌に良くない理由

(1)油分

良質の油分は、お肌に潤いを与えたり、腸の働きを活発にして腸内環境を改善する効果があり美肌作りに欠かせない成分なのですが、スナック菓子などに含まれている油分は、どのような油分かわかりません。すでに酸化している油を使用して作られている場合もありますし、調理後すぐに食べるわけではないので、その間にもどんどん油が酸化してしまいます。

酸化した油分は、過酸化物質が多く含まれ、内臓に負担をかけます。内臓の働きが弱まれば、栄養の消化・吸収がスムーズにいかなくなり、健康的なお肌を作ることができなくなってしまいます。

(2)糖分

黒砂糖やハチミツなどでしたら美肌作りに役立ちますが、市販のおやつに多く使用されているのは「砂糖」です。砂糖は、身体を冷やすだけでなく、悪玉菌のエサとなって腸内環境を悪化させ、便秘によるニキビなどの肌トラブルの原因となります。

カロリーゼロの人工甘味用をつかったものも、良くありません。人工甘味料は甘みの感覚を狂わせ、余計にお腹が空いてしまったり、甘いものへの依存を高めてしまい、カロリーゼロが逆効果になってしまうこともあります。

(3)塩分

スナック菓子で一番気を付けたいのが塩分です。ポテトチップやおせんべいを食べると喉が渇きませんか?それは、塩分が多いからです。過剰な塩分は、むくみの原因となります。塩分濃度を下げようと、身体が水を溜めこんでしまうからです。

また、塩分の強いものを食べていると甘みにも鈍感になってしまい、塩分・糖分どちらも摂り過ぎてしまいますので、要注意です。

 

■そこで!ベビー用おやつがオススメ

赤ちゃんの腸は、まだ未発達なため油分・糖分・塩分とも控えた薄味の味付けになっています。また、保存料が使われていないものが多いため、美肌作りを妨げません。オリゴ糖やカルシウムが多く含まれているベビー用おやつも多いので、スナック菓子を食べながら美肌作りに必要な栄養素も摂れますね!

 

■高たんぱくスナックを上手に利用

食事から3時間後に高たんぱくのスナックを食べると血中アミノ酸濃度が上昇することがわかっています。アミノ酸は、コラーゲンの構成要素であるだけでなく、筋肉を作るのに欠かせない成分です。筋肉がしっかりしていれば代謝の良い身体が作られます。

大豆が原料のスナック菓子や、ゆで卵、ササミのスナックなどがオススメです。

 

スナック菓子は、食べないに越したことはありませんが、どうしても食べたいのに我慢するのはストレスですよね。そんな時は、ベビー用おやつを上手に利用してストレス解消して下さいね!

(岩田麻奈未)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

フード・食べ物の最新記事はこちら