LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

大人ニキビの発生場所ごとに見るアナタの内臓不調とオススメ漢方

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

20代になってから出来る大人ニキビ。単に肌表面だけの話でなく、カラダの中の問題によるものが大きいのです。まさに、「お肌は内臓を映す鏡」。お肌の表面とカラダの内側からのWケアで、ニキビを治すことが大事となってきます。

20130919yokei01

 

思春期のニキビと大人ニキビの違い

10代のニキビは、成長とともに新陳代謝がたいへん盛んになり、代謝と分泌のバランスが不安定になるためにできるもの。程度はありますが、正常の範囲内です。けれども、20代からの大人ニキビとなると話は別。思春期の頃のニキビに比べ、治り辛く、痕も残りやすいなど、美肌から大きく離れてしまいます。

 

■アナタの内臓不調はどこ?

さて、この大人ニキビ、お顔のできる場所によって、どこの内臓のトラブルが起因しているかをおおよそ、見当をつけることができます。

・生え際やこめかみ ⇒ 「肝」 イライラ、我慢など情緒に負担過多

・あご、鼻の下、首 ⇒ 「腎」 生殖機能に負担、ホルモンバランスの崩れ

・頬、口の周り ⇒ 「脾」 消化機能に負担、食生活の乱れ

・おでこや鼻(Tゾーン) ⇒ 「肺」 呼吸機能に負担、皮膚トラブル、乾燥肌気味

 

■漢方薬でカラダの中から「大人ニキビ」ケア

上記の特徴の大人ニキビを発見したら、カラダの内側からのケア「漢方薬」にて根本的治療すること検討してみてはいかがでしょうか。

例えば…

・イライラが続いて情緒不安定、生え際に赤ニキビ!という時は「逍遥散」(「逍遥散」は冷えタイプ、のぼせがある方は「加味逍遥散」)

・イライラ+赤みが強くかつ痛みのある場合は、熱や炎症をとってくれる「十味敗毒湯」

・顎や下のフェイスラインに出来る場合は、婦人科系不調、ドロドロ血を改善する「桂枝茯苓丸」

・熱のこもる「大人ニキビ」の常備薬として一般的なのが「清上防風湯」(特に顔の上の部分のニキビに効果的)

・ニキビ「跡」が気になる!という方には「ヨクイニン」

・ニキビ跡+むくみ、月経不順の方は、「桂枝茯苓加ヨクイニン」

ただし漢方薬もれっきとしたお薬なので、こちらを参考にしつつも、専門医や薬剤師さんの方に必ず、診てもらってくださいね。

 

漢方薬も賢く利用してカラダの中から「大人ニキビ」撲滅!美しいお肌をゲットしましょう。

(余慶 尚子)

【参考】

・有藤文香著「中医アロマセラピー 家庭の医学書」池田書店

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング