LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

1年前の日焼け止めはNG?OK?日焼け止めの消費期限とは

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

去年買った日焼け止めがまだ残っているけど「これって今年も使えるの? 効果は変わらない?」と疑問に思いながら捨てるに捨てられないでいる人、多いのではないでしょうか。そこで今回は、去年の日焼け止めは使えるのか、効果は変わらないのか、日焼け止めの消費期限についてお話しします。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■1年前の日焼け止めを使っても大丈夫?

基本的に一度開封したものはワンシーズンで使い切るのが理想とされていますが、正しく保管していれば1年前の日焼け止めを使っても大丈夫です。直射日光のあたる場所を避け常温の室内に保管してあれば大丈夫。

※ただし、保管しておいた化粧品を再び使用するときに変な臭いがしたり、中味が分離していたら、中身が変質している可能性があるので、保管期間に関わらず使用は避けてください。

■防腐剤がキーに

多くの日焼け止めには雑菌の繁殖を防ぐためにパラベンなどの防腐剤が入っていますが、防腐剤はそのクリームを使いきるのに設けられた使用期限内に効果を発揮する量しか入れられていないので、使用期限を過ぎると防腐剤の効果は半減してしまいます。

雑菌がわいたものを肌につけるとさまざまな肌トラブルの原因にもなるので、やはり開封後はなるべく早く使い切ることをオススメします。目安は、未開封のものは3年、開封したものは正しく保管したもので1年以内には使い切るようにしましょう。

■1年前の日焼け止め、「効果」は大丈夫?

1年前の日焼け止めでも、SPF・PAなどの性能自体は変わらないとのこと。

■タイプ別の使用期限

(1)ミルク・ジェルタイプ

未開封のものは3年、開封したものは1年以内に使い切りましょう。

(2)スプレータイプ

エアゾール(煙や霧のようなもの)商品は正しく保管していれは未開封、開封後も製造から3年は使用できます。ミルクやジェルタイプより長持ちします。

(3)無添加化粧品の日焼け止め

防腐剤・殺菌剤を含まない無添加化粧品の日焼け止めの場合、やはり使用期限は短くなります。未開封1年以内、開封後6ヶ月以内を目安に使用してください。使用期限が書いてあるものはその指示に従ってください。

意外にも一年前の日焼け止めは使っても大丈夫なようです。捨てようかどうしようか迷っていたものはなるべく早く使い切ってしまいましょう! 不安な人は顔ではなく、体に試しで使ってから使用してくださいね。

(佐々木仁美)

【あわせて読みたい】
1年前の日焼け止めはNG?意外と知らない使用期限のルール
オッケーorアウト?「去年買った日焼け止め」の使用期限と新鮮さキープワザ2つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
コスパ最高!美容家に大好評「無印良品の良質オイル」まとめ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガ3選
洗顔にも◎!しわ・シミや白髪まで!?万能すぎる「馬油」の使い方5つ

【参考】
資生堂 ワタシプラス よくいただくご質問(FAQ)「昨年のサンスクリーンの残りは使える?」
リベルタ総合美容サイト ライオスQ&A 「使用期限について」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング