LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

美しい人ほどお肉が好き!?焼肉で美肌をつくる方法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

ダイエットにも肌にも良くなさそう…などと敬遠されがちですが、食べ方さえ気をつければ美容効果が高い“焼肉”。今日は、お肉を食べて美肌になる方法をご紹介したいと思います。

20130619yamamoto


■お肉と美肌の関係性

ダイエットをするためにお肉を控えて野菜ばかり食べた経験はありませんか?もちろんお肉の食べ過ぎは健康を害す恐れがありますが、減らし過ぎも良くありません。お肉の栄養成分として注目したいのは、美しい肌を保つために必須である良質なタンパク質が含まれているというところ。

良質なタンパク質とは、体内で合成できない9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれている事。体内で合成できないのであれば、食べて補うしか方法がありませんので、しっかり摂取する必要があります。しかも、私たちの肌はタンパク質で構成されているので、食べない美容法を続けていると、乾燥や、シワ・たるみの原因にもなってしまいます。

 

■美肌になるお肉の選び方3つ

お肉は脂質を避けて赤身を食べた方が美容に良いと言われていますが、お肌に必要な栄養素に合わせて選ぶ事ができれば、なお良し!そこで気になるお肉別栄養素についてまとめてみました。

(1)牛肉

牛肉は品種や各部位により栄養価に違いがありますが 、総じてタンパク質が豊富に含まれています。 また、鉄や亜鉛といったミネラルが豊富に含まれているので常に貧血状態になりがちな女性の体には必要不可欠。

月経前にお肉を摂りたくなる人も多いと思いますが、体が鉄分を補充しようとする自然現象なのかもしれませんね!できれば脂質の少ない赤身がオススメです。

 

(2)豚肉

栄養価が高い豚肉ですが、タンパク質に加えてビタミンB群が豊富な事で有名。その中でもビタミンB1が非常に多く、牛肉の10倍含まれているとか!ビタミンB群は、肌荒れの救世主でもあるので意識して摂りたいですね。

さらに疲れをとってくれる効果が高いのでストレスを感じている時は特にオススメ。豚肉の中でも、肩ロースは、赤身なので脂質も低くカロリーも控えめですよ。

 

(3)鶏肉

鶏肉の特徴としては、他のお肉に比べて脂質が非常に少ないところ。しかし、タンパク質は牛や豚と変わらないので嬉しいですね!

また、肌トラブル改善してくれるビタミンAが多く含まれるので、肌の不調が気になる場合は積極的に摂りましょう。加えて鶏皮にはコラーゲンも豊富。ビタミンCと一緒に摂ると、生成を助けてくれる効果があります。

 

賢く選べば美容に良い焼肉。大好きだけど食べないようにしているなんて、もったいないですね!

(山本 朱美)

【参考】

太らない焼き肉、美肌になる焼き肉 – All about

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング