LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

諦めないで!ライフスタイルで改善できる敏感肌

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

“一見トラブルはないのに敏感肌”そんな声を聞く事が多くありませんか?それもそのはず、現代女性の約7割が敏感肌傾向だと感じているとか。諸外国と比べると、日本は特にその割合が多いと言われていますが、実はストレスフルなライフスタイルが要因の1つだと考えられています。

 

20130502yamamoto

 

 

■敏感肌ってどんな状態?

敏感肌とは、肌が本来持っている機能が正常に働かず、外部からの刺激に弱くなっている状態のこと。また、角質層に元々備わっている天然の保湿成分であるセラミドが何らかの理由で不足してしまうため、肌を守る重要なシステムがエラーを起こし、しつこく中々改善されない肌トラブルを招いてしまいます。

 

■実は日頃のライフスタイルが大きな原因

“敏感肌は体質だから…”そんな風に諦めていませんか?実は、先天的に肌が弱い人は非常に少なく、ほとんどの人が乱れたライフスタイルなどが原因である後天的な敏感肌だとか。気がつかないうちに、忙しい日々によるストレスや睡眠不足、ホルモンバランスの乱れ、偏った食生活などが肌にダメージを与えてしまい、敏感な状態を自ら作り上げてしまうのです。

 

■敏感肌を生活習慣で改善する4つの方法

目指すは健康美肌!日々の生活習慣を変えることで敏感肌を改善できる方法をご紹介します。

(1)質の高い睡眠の確保

肌は眠っている間に全ての機能を回復させているので、睡眠不足は1番の敵!短時間でも深く眠れる寝室環境を整えて、質の高い睡眠を確保しましょう。

(2)バランスの良い食生活を意識する

肌は内臓の鏡とも言われているほど、食べているものがダイレクトに影響します。健康的な美肌を作るために絶対必須である良質なタンパク質を意識して摂取しましょう。

(3)腸内環境を整える

腸内が乱れていると肌荒れは中々改善されません!食物繊維をしっかり摂って腸内をクリーンに保ち、善玉菌が住み心地の良い環境を整えましょう。

(4)過剰なスキンケアを避け保湿を重点的に行う

洗顔の時にゴシゴシと洗ったり、無理にマッサージをしたり…等の物理的な刺激はNG!保湿力の高い石けんなどを使ってしっかり泡立て、できるだけ摩擦が少ないスキンケアに徹しましょう。

乱れたライフスタイルは乱れた肌の原因に。日々の生活を少し改善するだけで健康的な美肌は作ることができるはず!

 

【参考文献】
※資生堂の敏感肌研究室-ライフスタイル敏感肌

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら