LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

正しい収れん化粧水使いでテカリのない美肌づくり!

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

蒸し暑かったり、汗ばんだりする日には収れん化粧水が大活躍。興味の無い人にはあまり馴染みが無いかもしれない収れん化粧水ですが、上手に使えばテカリ知らずの美肌が簡単にキープ出来ちゃいます。今日は収れん化粧水の上手な使い方や効果について紹介したいと思います。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジンLife & Beauty Report(LBR)

■収れん化粧水ってどんなもの?

収れん化粧水とは主に脂性肌の人に適していると言われている化粧水で、アストリンゼンとも呼ばれています。皮脂の流出バランスや肌のキメを整えてくれる役割を果たし、使用後は肌がひんやり・キュッと引き締まった感覚になる、何とも爽快感ある化粧水なのです。基本的に一般化粧水よりもアルコールが多く含まれているので正しい使い方をする事が重要です。

 

■意外や意外?収れん化粧水を使う正しいタイミング

収れん化粧水のひんやり気持ち良い使用感から拭き取り化粧水と同じと思う人もいらっしゃるかもしれません。しかし意外かもしれませんが、収れん化粧水を使う正しいタイミングは乳液をつけた後が正解なのです。洗顔をして化粧水や乳液をつけた後、メイクアップの直前に使用します。洗顔後につける化粧水は肌に水分を行き渡らせて潤わせる事が目的。収れん化粧水は肌のキメや皮脂の流出を抑える事が目的なので、その点が大きく異なるのです。

 

■収れん化粧水を使う際のポイント

収れん化粧水で大切なのは根気強くパッテングをすること。500円玉よりも少し多いくらいの収れん化粧水を出し、しっかりと浸したコットンで行いましょう。顔の下部から上部にかけて丁寧にパッティングするのが大切。小鼻周りや頬など毛穴の開きが気になる部分は入念に。

 

■他にもあった!収れん化粧水の役割

製品によっては皮脂やキメを整えてくれるだけではなく、プラスアルファの役割を整えてくれるものもあります。例えば、美白効果があるものならばスキンケアの最後に使う事でメラニンの生成を抑えてくれたり、美容成分がたっぷり含まれているものならば美肌効果も高かったりと、各々目的に合わせて自分にぴったりと合った収れん化粧水を選ぶと良いでしょう。

 

スキンケアの最後に使う事で一日を心地よく爽快に過ごせる存在、収れん化粧水。使いこなすことでこれからの季節だってテカリのない美肌をキープしたいものですね。

【関連記事】

ベタベタ&ジメジメ肌を快適に! 梅雨時期にオススメ「涼風美人化粧水」3選

炭酸美容家が伝授!炭酸水で毛穴の皮脂や角栓を溶かす方法

鏡を見たら「テカってる…!」憎きテカリと無縁になれる皮脂ケア注目アイテム3選

【参考】

猛暑に負けない涼やか美人-資生堂

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング