LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

アブラナ科が効く!美肌作りに欠かせない春野菜3つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

春キャベツやブロッコリー、カリフラワーなど、春野菜の美味しい季節になりましたね!これらのアブラナ科のお野菜は、美味しいだけでなく美肌に役立つ成分も沢山入っています。今日は、美肌のためにおススメのアブラナ科の春野菜を3つご紹介したいと思います。

 20130405iwata61

■アブラナ科のパワー:イソチオシアネート

キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、大根、カブ、わさび、クレソンなど、世界に約3000種類あると言われています。共通するのが、ピリッとした辛味です。この辛味成分こそがアブラナ科野菜のパワー「イソチオシアネート」です。イソチオシアネートには、デトックス効果のほか、アンチエイジングにかかせない抗酸化酵素を増やす働きがあります。このほか、アブラナ科のお野菜には、美肌に欠かせないビタミンC、葉酸、β-カロテンなどが多く含まれているのも特徴です。

 

アブラナ科3大春野菜の調理法ポイント

■1:キャベツ

キャベジンとして有名なビタミンUが多く含まれていることから、胃腸の働きを整えるイメージの強いキャベツですが、美肌に大切な、ビタミンCや葉酸、β-カロテンも多く含まれています。また、レッドキャベツにはアントシアニン(ポリフェノール)も含まれていて、更に美肌に効果的です!

 <おススメの調理法>

春キャベツは柔らかく、サラダで食べるのがおススメです。「乾燥肌とサヨナラ!良質な油で潤う3つのポイント」でご紹介した良質オイルを合わせれば、ビタミンCの吸収率もUPです!

 

■2:ブロッコリー

ビタミンC、葉酸、β-カロテン、だけでなく抗酸化ビタミン、ビタミンEや、お肌を守るビタミンB群も豊富に含まれています。それだけでなく鉄やカルシウムと言ったミネラル、デトックス成分であるセレンやクロロフィルも含まれていて、とても優秀な美肌食材です。通年通して手に入るのも嬉しいですね!

 <おススメの調理法>

茹ですぎてしまうと栄養素が抜けてしまうので、蒸し焼きがおススメです。ブロッコリー1株に水1カップを加え、蓋をして強火で3分程度、水分がなくなったら出来上がりです。ビタミンCは、茎の部分に多く含まれいますから、皮を剥いて茎の部分も捨てずに蒸し焼きにして食べて下さいね。甘くてとても美味しいですよ!

 

■3:カリフラワー

白くてあまり栄養素がなさそうなカリフラワーですが、ビタミンCの含有量は淡色野菜の中ではトップクラスです。カリフラワーに含まれるビタミンCは、加熱に強いのも特徴です。温野菜がお好きな方におススメの美肌食材です。最近では、β-カロテンを含むオレンジ色のカリフラワーや、アントシアニンを含む紫色のカリフラワーもあります。

 <おススメの調理法>

意外と知られていませんが、カリフラワーは生でも食べられます。ブロッコリー同様、茎の部分にビタミンCが多く含まれていますので、こちらも茎も捨てずに食べて下さいね。茹でる時は、小麦粉を少し入れるとビタミンCの損失をさらに防ぐことができます。白く綺麗に茹であがりますので、ぜひ試してみてくださいね!

 

いかがでしたか?アブラナ科のお野菜って、どれも美味しくて通年通して手に入りやすいものが多いですよね。更に美肌に効果的なんて、食べないわけにいきませんね。旬の美味しい野菜を食べて、身体の中から美肌を作りましょう!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング