LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

肌の悩み、もしかしたら毎日のシャワーのせいかも?

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

朝の目覚めや一日の終わり。シャワーを浴びながら勢いよく顔を洗うのって汚れがしっかり落ちる気がするし、リフレッシュも出来てとっても気持ち良いですよね。

だけど、ちょっと待ってください。もしかしたらあなたが抱えているその肌の悩み、もしかしたらシャワーで顔を洗っているせいかもしれません!ここでシャワーで洗顔の弊害や気をつけるべきポイントを一度チェックしてみましょう。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

 

■シャワーの刺激は顔には強すぎる!

顔の汚れがすっきり落ちる気がするシャワーでの洗顔。ですが、シャワーの水圧は顔にはちょっぴり刺激が強過ぎます。シャワーの水圧を直接肌にあてることによって毛穴やシワが刺激され、無理に押されてしまい、肌が垂れ下がってしまったりすると言われています。どうやら肌の老化という点から見ると絶対NGというのが定説のようです。

 

■シャワーの高温は肌にはキツい

ちょっと高めの温度で浴びるのが気持ちいい! それがシャワーの醍醐味だったりもします。が、高温での洗顔は肌に良くないとされています。美容家の深澤亜希さんなどによると、洗顔に適していると温度は30度強でいわゆる「ぬるま湯」だそうです。シャワーだと水温が低く感じることもあり、ついつい温度を高めにしてしまうからこそ、水圧だけでなく、シャワーで洗顔する時の温度もまた、肌の負担となるのです。

 

■洗顔後の肌にシャワーはキケン

石鹸や洗顔フォームで顔を洗った後の肌は柔らかくなっているもの。そんな柔肌な状態のところにシャワーを浴びてしまうと、顔のバリアが弱くなっているだけに肌荒れを招いてしまうかもしれません。洗顔後の肌は低めの温度のお湯で優しくそそぐ事が重要です。

 

■それでもシャワーで洗顔したい時は…?

それでもやっぱりシャワーでの洗顔がやめられない! そんな時はなるべく水圧を低くして、お湯の温度も32〜34度に保つように心がけましょう。また、いったんシャワーのお湯を手のひらに溜めて、ワンクッションを置き、手のひらで顔を優しくそそぐように意識することで少しずつシャワー洗顔から遠ざかることが出来ると良いですね。

 

いかがでしたか?意外にもしている人が多いシャワー洗顔。止めてみることで案外簡単に肌の悩みにおさらば出来るかもしれませんよ。気になってみた方は一度シャワー洗顔と距離を置いてみてはいかが?

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら