LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

身近なアイテム過ぎて見落としがち!?肌荒れを生まないための3つポイント

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

LBRでは、身体の中からも外からも美肌になれるアプローチをご紹介しています。食生活をはじめみなさんいろいろとお手入れをされていることと思います。「汚れたメイク道具の恐怖と2つの対策法」でもご紹介しましたように、お肌のお手入れ以外にも普段お使いのアイテムでチェックすべき点は沢山あります。今日は、美顔ローラー・スポンジ・まくらカバーのチェックしておきたいポイントをご紹介します!

 

見落としがちなポイント?肌荒れを招く盲点3つ

 

■美顔ローラーのお手入れは?

美肌に導いてくれるはずの美容グッズを綺麗に保つ努力も必要です!美顔ローラーを使い終わったら、お手入れもしっかりとしていますか?使用後のローラーには、お肌の皮脂やホコリなどのゴミもつきます。それが残ったままになると汚れが酸化して、それがお肌に付着すると悪さをしてしまいます。

付属品の専用クロスもしくは、やわらかい布でしっかりローラー部分を磨いてあげましょう。美顔ローラーの材質にもよりますが、アルコールでサッと拭いて除菌をしてあげることが良いものもあります!また、「盲点?見落としがちな洗顔ネット保管ポイント2つ」のネットと同じくで湿っていると、雑菌が繁殖してしまうので、ちゃんと乾燥させて保管をしましょう!

※材質によってお手入れの注意点は、異なるので詳しくはお持ちの美顔ローラーの製品説明書をご確認ください。

 

見落としがちなポイント?肌荒れを招く盲点3つ

 

■お化粧用のスポンジのお手入れは?

スポンジは直接お肌に擦りつけます。ですから余分な皮脂、角質などはもちろん、ファンデーションなどのお化粧品の成分まで残ってしまいます。それが酸化することで同じくお肌に良くない働きをします。定期的に買い替える、もしくは少なくとも週に1度は洗いましょう。

筆者は、スポンジ専用洗剤を使用することをオススメします!もしお手元に無い場合には、中性洗剤で洗った後に、洗濯用の柔軟剤をほんの少し使用して仕上げるとふっくらお肌に優しい仕上がりになります。

 

 

■まくらカバーのお手入れは?

人は毎晩寝ている間には、コップ1~2杯(100~300CC)の汗をかくと言われています。当たり前のことかも知れませんが、まくらカバーにも汗や皮脂はついてしまいます。ついつい見落としがちなのが枕カバーなのですが、こちらも少なくとも週に1度は洗いましょう。枕カバーの替えを準備するのが面倒な方は、ハンドタオルやバスタオルをまくらに巻くことをオススメします。ハンドタオルやバスタオルですとお洗濯も手軽にできて、衛生的ですね!

 

日常で見落としがちな、気をつけたいチェックポイントいかがでしたか?美顔ローラー・スポンジ・まくらカバーは身近なもの過ぎて、意外と見落としがちなポイントですよね。せっかくのお手入れが無駄になら無いように、今日を機会に是非ご自身でもチェックしてみてくださいね!

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

アイテムの最新記事はこちら