LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

食べるだけじゃない!「甘麹」を美肌ケアに使う方法4つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

デトックスにダイエット!まだまだあった、甘麹の魅力」などで沢山ご紹介してきました甘麹ですが、皆さん続けて頂いてますか?内側からも外側からもケアを怠らないLBR読者の方々に、今日は、甘麹の食べるだけじゃない使い方をご紹介したいと思います!

 

 

■麹の美肌効果

今日から実践!日本酒と美肌の関係」でもご紹介しましたが、造り酒屋の杜氏さんやお味噌屋さんの手がとても綺麗、と言うお話しを聞いた事がある方もいらっしゃると思います。これは、麹の力です。「乾燥肌にサヨナラ!これだけ読めば分かる甘麹の魅力」でもお伝えしましたように、甘麹には必須アミノ酸やビタミンが含まれていましたね。その中に「コウジ酸」と言う成分が含まれています。

このコウジ酸は、美白化粧品にも入っている成分で、シミの原因となるチロシナーゼの活性や合成を阻害し、メラニンの生成を抑える効果があります。この他にもお肌の乾燥を防ぎ、ハリを持たせる効果のあるビタミンB2やビタミンB6も含まれています。麹は食べても美肌効果のある食品ですが、直接お肌につけても美肌効果のある素晴らしい食材なのです!

 

甘麹を使った美肌ケア4つ

1.甘麹洗顔

良く泡立てた洗顔料に甘麹を少し加えて洗顔して下さい。しっとりとした洗いあがります。

2.甘麹化粧水

お手持ちの化粧水に甘麹を少し溶かしてお肌につけます。多少べとつきますので、気になる方は夜のケアにお使い下さい。また、お手持ちのクリームにまぜてもお使い頂けます。

3.甘麹パック

甘麹にベビーパウダーを混ぜ、少し硬くしてお肌に塗ります。5~10分したら洗い流して下さい。しっとりハリのあるお肌に仕上がります。

4.甘麹スクラブ

保湿に「砂糖」!?塩だけじゃないお手製スクラブ術」でもお伝えしたお砂糖を加えて、優しくお肌をマッサージして下さい。お砂糖のスクラブ効果と、甘麹の保湿成分の相乗効果で、お肌をツルツルにしながら、しっとりと仕上げます。

 

いかがですか?甘麹に食べる以外の使い方もあったなんて驚きですよね。しかも、100%天然素材の甘麹ですから、お肌のケアにも安心して使えるのも嬉しいですね。内側からも外側からも綺麗になれる甘麹、ぜひ試してみてくださいね!

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング