最強のコスパ!ベビーパウダー裏ワザ3つ

豊田愛魅豊田愛魅

スキンケア ライフスタイル

冬真っ只中のこの時期、寒さ対策の為に厚着してみたもののオフィスなどではエアコンなどがしっかり効いていている。その結果、蒸れたり汗をかいたりして、更にお化粧が崩れてしまったなんていう経験をした方も多いと思います。今日は、そんな時にもテカリしらずのサラサラ素肌でいられる、コスパも抜群な最強アイテム「ベビーパウダー」の裏ワザをご紹介しちゃいます。

最強のコスパ!ベビーパウダー裏技3つ


ベビーパウダーが良いとされる理由

ベビーパウダーの主原料は、メーカーや地域によって若干違いますが、主にトウモロコシから取れる植物デンプンであるコーンスターチと、滑石(かっせき)という水酸化マグネシウム等を含む鉱石(こうせき)であるタルクです。最近では、それを基本に、保湿成分や安らぐ香りなどが加えられ美容に効果的になっているのです。

(1)コーンスターチの力

コーンスターチもタルクも非常に粒子が細かくお肌に対して当たりも優しい粒子です。コーンスターチに関してはその微細な粒子が高い吸水性を持っているのです。毛細管現象という物理的な作用によって水分を吸い上げ余分な水分を吸着し、乾燥傾向になると水分を放出してくれるのです。

(2)滑石の力

コーンスターチの力で吸湿してくれた後、更に滑石の粒子の間にできる隙間を通って水分が蒸発し最適な水分バランスをキープしてくれるのです。滑石はその名の通り、皮膚表面を均一にしてくれ皮膚同士の摩擦を少なくすることによって、あせもや肌荒れを防いでくれます。

 

ベビーパウダーの裏ワザ3つ

(1)フィニッシュパウダーとして使おう

リキッドファンデの後に通常はフィニッシュパウダーを使用しますが、ファンデーションと同じくらいお値段が張りますね!もともとフィニッシュパウダーは、油分を吸着してテカリを防ぐという目的の為に使用します。ですから、皮脂を吸着し、さらに滑石の効果でお肌の表面を均一にするベビーパウダーの働きがマッチするのです。

(2)チークの後に使おう

赤ちゃんの様なピンクの頬、お人形さんの様なふんわりした頬に憧れますよね?チークを濃く入れた際に、ベビーパウダーでぼかしてみましょう!するとベビーパウダーがうっすらとのる事でベールを纏ったようなふんわり頬になれるのです。是非お試しください。

(3)ファンデーションとしても使おう

化粧下地もしくは、日焼け止めの後にベビーパウダーを乗せ、ファンデーションの代わりにしましょう。ファンデーションよりはカバー力は落ちますがとっても自然な仕上がりな上に薄づきなのでお肌への負担も少なめです。ちょっと近所にお出掛けなどという日には、おすすめなテクニックです。

 

ベビーパウダー選びのポイント

以前ベビーパウダーの原料である滑石に不純物として石綿(アスベスト)が混入していたという事件があった為、現在日本の政府では基準を設けています。ですから国内で製造販売されている主なメーカーのベビーパウダーは、安全性を確認したタルクを使用していますので不要ですが、海外製品を購入するときにはしっかりと成分や原料へのこだわりなどをメーカーのホームページなどでチェックする必要があります。

いかがでしたか?コスパも抜群な最強アイテムベビーパウダーの裏ワザ3つをご紹介しました。是非明日から普段のお化粧に取り入れてみてくださいね。テカリ知らずのサラサラ美肌を目指せますよ!

 【参考】
シッカロール商品特長 -WAKOKDO