LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

体内時計を整えて美肌に!睡眠の質を高めるために必要なこと2つ

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

睡眠は美肌を作る上でとても重要なポイントです。高いクリームを塗るよりサプリを飲むよりもまず先に、その改善に取り組みたいところです。今日は睡眠と美肌の関係性、そしてメラトニンについてご紹介していきます。

体内時計を整えて美肌に!メラトニンのために必要なたった2つのこと

 

■睡眠と美肌のしくみ

肌の再生機能を高め、美肌を作る為に必要なホルモンのひとつに“成長ホルモン”があります。活発な成長ホルモンの分泌は、熟睡していることが条件となり、深い入眠(ノンレム睡眠)から約3時間が分泌のピークになります。その間に美肌作りに欠かせないケラチンやコラーゲンが生成され、日中受けた肌ストレスが回復されるのです。

つまり快眠が美肌への鍵となるのです。

 

■メラトニンとは?

夜寝る際に体内時計に働きかけることで覚醒と睡眠を切り替えて自然な眠りを誘うのがメラトニンの役目で、別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれています。

朝光を浴びると脳にある体内時計が反応して自然に活動状態になるのです。その後体内時計からの信号で、メラトニンの分泌が止まります。メラトニンは目覚めてから14~16時間ぐらい経過すると体内時計からの指令が再び出て分泌され、 徐々にメラトニンの分泌が増え休息に適した状態になり眠気を感じるようになります。

この一連の流れで睡眠と覚醒のバランスを保っています。つまりメラトニンが適切に分泌される事は、健やかな快眠を意味し、結果美肌にとっても重要な要素となるのです。


■メラトニンを正しく生成する方法は?

(1)夜は照明を早めに落としましょう

メラトニンの量は光の量と密接に関わります。メラトニンは朝の光を浴びると減少する傾向があり、結果活動状態になるのです。つまり明るくなると起きなくてはいけないと身体が認識するのです。就寝前の数時間は、部屋の照明を少し暗くし、テレビやパソコンも控えましょう。こうした人工的な光でも、少し配慮するだけでメラトニンの分泌がよりスムーズに行われます。

(2)メラトニンは必須アミノ酸のトリプトファンを元に作られます

トリプトファンを多く含む食事を摂ることをおすすめします。サンマやマグロなどの赤身の魚、赤身の肉、大豆製品、乳製品、ゴマ、乳製品に多く含まれています。このような食材を少しずつでも取り入れる事で自然な眠りを得る事が出来ます。

 

いかがでしたか?毎日の睡眠の重要性がお分かり頂けたと思います。美肌を得るには熟睡していることが条件となる為、睡眠の質、そしてメラトニンが鍵を握るということですね。今回ご紹介した2つのポイントをしっかり取り入れて美活をしちゃいましょう。就寝前に摂り入れたいテクニック「急なお泊りも安心!就寝前のちょい足しで乾燥肌対策3つ」もあわせてチェックしてみてくださいね。

【参考】

※ 体内時計と睡眠のしくみ – 体内時計.jp

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら