LBR LIFE&BEAUTY REPORT

LBR-いつもキレイで、ゴキゲンなわたし

夏より冬のほうが重要!? 冬の紫外線対策と美肌の関係

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

紫外線の量が増える春から夏にかけてだけ紫外線対策をすればよいと思っていませんか?しかも日焼け止めや美白化粧品は乾燥するイメージがあって、 秋冬はお休みしている方も多いのでは?しかし冬は夏の紫外線対策と同じぐらい、いやそれ以上にすべきかもしれないのです。その理由と対策をご紹介します。

 知ってた?夏より冬のほうが重要!? 紫外線対策

 

冬の紫外線が厄介な理由 2つ


(1)冬に浴びる量のほうが多い!?

夏に比べればもちろん少ないものの確実に冬も紫外線は存在します。<サッフォ化粧品株式会社>によると、日焼けして黒くなったりシミやシワの要因となるUVA波(長波長紫外線)は夏に比べると3分の1ぐらいと言われていますが、紫外線対策は紫外線を浴びる量で考えるべきなのだそうです。

たとえば、真夏の15分で浴びるUVAを100とすると、冬の60分間陽に当たった場合の紫外線量は、【100×1/3×4=133】となり33%増しということになります。長時間外にいれば確実に紫外線の影響を受けているということがお分かりいただけたでしょうか。

(2)乾燥により肌のバリア機能が低下している!

冬と言えば気になるのが乾燥。この乾燥でお肌のバリア機能が低下していて夏よりも紫外線の影響を受けやすくなっているといえます。 さらに、紫外線は水分の蒸発を促す性質があるので、乾燥した状態で紫外線を浴びてしまうとより肌が乾燥してしまうという悪循環も生まれてしまいます。

 

冬におすすめの美肌作りのための紫外線ケア&ポイント

何と言っても乾燥をさせないことがまず大事です。保湿効果のあるスキンケアを使ったりシートパックをするなどして乾燥しないお肌作りをしましょう。

更にUV効果のある下地やファンデーションを使うこと。最近の下地にはUVケアの物が入っています。お休みの日やノーメイクの方でも下地ぐらいは塗りましょう。またUV効果のあるBBクリーム、これはとても便利です。下地にもなるしばっちりメイクが必要ないならこの上にお粉をはたくぐらいで十分。

そして外出しないから、という方でも洗濯物を干す時など知らず知らずのうちに紫外線に当たっていることも。そんな時も気は抜けません。また逆にゴルフやアウトドアスポーツをする時には得に顔だけではなく、首や耳の後ろまで塗ることもお忘れなく。もちろん首は後ろの部分も塗ってくださいね。

 

いかがでしたか?冬こそ気を引き締めて紫外線対策をして乾燥やシミ・シワのない美肌を目指しましょう。

【参考】

冬の紫外線対策-サッフォ化粧品株式会社

 

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

ライフスタイルの最新記事はこちら