むくみ顔の原因を解消!知らないと損するツボ3つ

豊田愛魅豊田愛魅

スキンケア ライフスタイル

みなさん、クリスマスや年末に向けて飲み会などが多く、お酒や食べ過ぎが原因で、翌朝顔がパンパンなんて事はないですか?

今回は、そんなお顔のむくみを取るケアの方法をお伝えします。むくみを取ってステキな美肌を手に入れ、速攻で小顔をゲットするテクニックです。すぐに実践できるものばかりですので要チェックですよ!

 

■雲門(うんもん)中府(ちゅうふ)を刺激せよ!

詰まっているホースに無理やり水を流しても詰まりがひどくなる、もしくは逆流するだけですよね?決して水は通りません。

それと同様に血管やリンパも詰まっている所にマッサージなどをして流そうとしてもうまくいきません。しっかりと元の方から詰まりを解消していく必要があるのです。ですから、顔がむくんでいるから顔をマッサージすれば解消するなんていう安易な方法ではむくみは解消できないのです。

そこで見落としがちなのが胸の付け根や脇の部分のツボ、雲門(うんもん)と中府(ちゅうふ)なのです。

雲門とは、肩関節と鎖骨の外端が交わるところの下のくぼみ、中府とは、雲門(うんもん)から1寸下です。

ここはリンパが集中するポイントなのでそこを刺激する事を忘れないで下さいね。それと同時に鎖骨のあたりも一緒にマッサージすると効果的です。指の腹を使って優しく指圧してみましょう。

意外と忘れがちなあの3つのポイントを刺激するだけで速攻美肌

 

■ 首筋を刺激せよ!

首の側面や後ろの辺りにも、コリやリンパの詰まりは存在しています。このコリをほぐす事によって、顔から心臓へと血流やリンパの流れを戻す道が出来るのです。

マッサージの方法は、かるく手を握り拳を作ります。そして拳を使い、首筋にそって上下に滑らせます。ボディクリームやオイルなどを使っても良いでしょう。

意外と忘れがちなあの3つのポイントを刺激するだけで速攻美肌

 

■そして一番忘れがちな頭皮を刺激せよ!

 意外と忘れがちなあの3つのポイントを刺激するだけで速攻美肌

顔のむくみをとるマッサージといえば、頬やおでこ、こめかみなどの顔のパーツを指圧する方法が一般的ですね。

しかし忘れがちなのが頭皮なのです。髪の毛が生えているから頭と顔は別のような感覚になりますが、皮膚は一枚、陸続きですね。ですから顔のパーツと同様に、頭皮を刺激するとより血行が良くなるのです。

頭皮のマッサージは、髪を洗う時の様に指の腹で揉む他、目の粗い櫛で髪をとかす事でも刺激になるのでおすすめです。

 

顔のパーツをマッサージする事に加えて、このたった3つのポイントを刺激するだけでむくみがとれ小顔効果も倍増します!小顔効果だけではなく、血行がよくなり栄養が十分に届く事で美肌へと導いてくれる面も見逃せません。いつもの美顔マッサージにちょい足しで、すっきり美肌を手に入れましょう。

 

【あわせて読みたい】

※ 目を見れば分かる!簡単に出来るお肌の老化早期チェック6つ

※ ズボラ女子だってOK!笑顔も美肌も手に入るお手軽美容法