LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

汚れたメイク道具の恐怖と2つの対策法

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

汚い!雑菌まみれの道具でメイクをしていませんか?

他人のメイク道具をみて「なにこれ!」って思うことがありませんか?ふわふわなケーキのような感触だったはずなのに、コロッケのようにギトギトになってしまったスポンジ。

一回使ったスポンジには皮脂、汗、そしてファンデーションの油分などが混じり合っています。しかも、密閉された容器の中にしまわれて・・・汚れ・雑菌が増殖してしまっているのは容易に想像できますよね。それを洗わずに使い続けるということはファンデーションとともに汚れ・雑菌までをお肌に一緒に伸ばしているのと同じ事です。恐ろしいですね!ということで、今回はメイク道具のケアについて2つのポイントをご紹介します!

 

■メイクツールはいつ洗えばいいの?

スポンジは毎日洗いましょう!と言いたいところですが、両面使うとして最低でも2日に一回は洗いたいところです。

もしも2日に一回洗うことが面倒ならば、思い切って使い捨てスポンジにしてしまいましょう!キレイなスポンジを使うことが大事なので、スポンジは頻繁に取り換えられるように100円均一のものでもOKです!

ブラシは使う度にティッシュでふきとりましょう!そして素材にもよりますが一週間に一度は、普段以上の念入りなケアをしておきましょう。

 

■どういうふうに洗えばいいの?

特別なケアでなくても、スポンジは石けんで洗えば大丈夫です!そしてよく洗い流して、しっかり乾燥させましょう!

ブラシも念入りなケアとして、良く泡立てた石けんで毛先を中心に優しく洗います。そしてこちらもよく洗い流してください。ブラシに関しては立てて乾燥させると、根元に水分がたまって毛が抜けやすくなってしまうので、寝かせた状態で乾燥させます。

 

手間の掛かってついつい億劫になってしまうメイク道具のお手入れですが、

「美しいメイクは美しい道具によってつくられる」

とメイクアップアーティスト巨匠・シュウウエムラさんも仰っています。メイクアップのプロフェッショナルでも、美しさを実現するためには美しい道具が無いと実現できないということですね。

しっかりスキンケアをしているのにどうも肌の調子が悪いと感じている人は、もしかしたらこういったメイクツールのケアに問題があるのかもしれませんね。ぜひ一度、見直してみることをおすすめします!

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング