LBR LIFE&BEAUTY REPORT

アラサー女性がごきげんな毎日を送るための美容マガジン LBR

知らないと損!? 今さら聞けない美肌の救世主「酵素」とは

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷する

フルーツ

サプリメントやドリンクなどが出回り、美肌や健康にいいと話題の”酵素”。Googleで「酵素」と調べると、400,000件以上もの検索結果にヒットして、テレビでも毎日のように取り上げられいて、専門の酵素ダイエット書なども登場していますよね。さて、今さらですが、酵素って何かご存知ですか?今回は酵素が私たちの美肌づくりにどのように役立つかをご紹介します。

 

■毎日サビが生まれてる!? ”肌サビ”の原因“活性酸素”をとりのぞく

日々の生活の中で、大げさに言うと息をするだけでも、私たちの体は日々“酸化=老化”しています。

その原因となるのは活性酸素です。紫外線、ストレス、喫煙、呼吸をするだけでも活性酸素は体内に蓄積され、細胞を傷つけ、老化の原因をつくってしまうのです。この活性酸素がハリのある肌をつくるコラーゲンが生成されるのを邪魔したり、肌荒れや炎症を引き起こしたりする肌サビを引き起こします。

こんなお肌トラブルに対しても、酵素は活性酸素を除去する働きがあり、免疫力の低下を防ぎ、お肌と体の老化を食い止めてくれます。

 

■生きるためになくてはならないもの、”酵素”

食べ物を消化吸収したり、筋肉を動かしたり、細胞を作る、修復する…。生きて行くための様々な活動のために、人は体内の酵素を消費しています。

一生涯のうち自分で作れる酵素の量は限られているので、無駄づかいせず、外から補ってあげる事が大切です。

 

■”酵素”保持力アップの3つのポイント

酵素を簡単に取れる3つのポイントをご紹介します。

1.旬の野菜、フルーツをとる:酵素は熱に弱く、生の食物に多く含まれます。フルーツは朝空腹の時に食べるのがオススメ。

2.発酵食品をとる:納豆、キムチ、乳製品など。話題の塩麹も酵素たっぷり。

3.酵素ドリンク、サプリメントをとる:手軽に多種の酵素を補えます。飲みやすいドリンクも増えています。

 

ちなみに、病気になると、細胞修復のため大量の酵素を消費するそうです。エドワード・ハウエル博士によると、酵素を使いつくした時に、生命の終わりを迎える…という臨床による仮説もあります。

酵素の種類は3,000種以上で、それぞれ異なった一つの仕事をしています。例えば、パイナップルに含まれるブロメラインという酵素はたんぱく質を分解する消化酵素です。お肉と一緒に食べると消化を助け体内酵素の消費の節約になります。

美肌は内側から生まれます。ぜひ、酵素を意識して、美しい素肌を養う生活を送ってみてくださいね!

 

 

【参考】

※ 新谷 弘実(2005)『病気にならない生き方ーミラクル・エンザイムが寿命を決める』サンマーク出版

AMPLEUR アンプルール公式サイト | ドクターアキコの美肌アドバイス

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Most Popularランキング